忍者ブログ

ベームのベートーヴェン 序曲「レオノーレ第3番」

2007.04.21 - ベートーヴェン


ベーム

ベートーヴェン序曲「レオノーレ第3番」 カール・ベーム指揮ドレスデン国立管


今日は暑かった。車の中の温度は急上昇し、長袖のシャツでは汗ばむほどだった。いつもながらすごしやすい季節は短いもので、気の早い話だが今年もあっというまに夏になるんじゃないかとドキドキしてしまう。


ベームのベートーヴェン演奏はいうまでもなく定評のあるもので、それはカレーライスに福神漬け、牛丼に紅ショーガ、もしくは海に初日の出、というくらい似合いのものだ。…これはいいすぎかな。
彼がドレスデン国立管やベルリン・フィル、そしてウイーン・フィルを振ったベートーヴェンの数々の演奏を今でも聴くことができるが、個人的には序曲「レオノーレ3番」を一番気に入っているかもしれない。それは、77年だか80年だかに来日したときに、アンコールとして演奏された映像が
とても印象に残っているからだ。アンコールでこれを演奏するなんてずいぶん贅沢なものだと当時でも思った。その演奏はよく整理整頓されたものでありながらも音がいきり立っていて、すごく濃厚な牛乳を一気飲みしたような満足感のあるものだった。
今日聴いているのは、ドレスデン国立管弦楽団を振ったCD。60年後半の録音だと思う。
昔聴いたウイーン・フィルとの来日公演を彷彿とさせる演奏で、カッチリしていながらも鳴らせ方が激しく、ずいぶんと迫力がある。弦楽器はみしみしとうなりをあげ、金管は文字通りかなきり声のような咆哮、そして要所で放たれるティンパニは強烈であり、スタジオ録音としてはやたらにテンションが高い。タカ派の誉れ高いショルティの演奏よりも、さらに硬派な音楽となっている。血管が切れそうなくらいに若々しくて、ステキだ。
PR
   Comment(2)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - Niklaus Vogel

吉田さん、こんばんは! ベームといえば「フィデリオ」、「フィデリオ」といえばベームというくらいに、この巨匠はこの曲に愛着があったと聞きます。
「レオノーレ序曲第3番」にしても、ベームを織田信長に喩えた礒山雅氏の言葉を髣髴させるものがありますね。
個人的には日生劇場こけら落としのライブに痺れていますが、スタジオ録音もオーケストラの特性を活かした名演と思います。
2007.04.21 Sat 21:22 URL [ Edit ]

Re:Niklaus Vogelさん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

ベームといえば「フィデリオ」、名盤の誉れ高いですね。一度、フィデリオを観たことがありますが、「レオノーレ序曲」が登場して、ほっとしたクチです。
磯山さんはベームを織田信長に喩えたのですか。晩年のベームは好々爺のイメージがありますが、この序曲には、歴史本で知る信長のような激しさが確かにあります。
「フィデリオ」を楽しく聴くことも今後の課題でありマス。
2007.04.21 22:09

無題 - rudolf2006

吉田さま おはようございます

ベームが来日した際の「レオノーレ 第3番」、私も良く覚えています。良い演奏だったですよね。意外にベームって、熱い指揮をしますよね~。

昨日、お教えいただいた、RSSリーダー使わせていただいています。初めは、どうやって登録したらよいのか、分からず、苦闘していましたが、何とか分かってきました。ありがとうございます。
ミ(`w´彡)
2007.04.22 Sun 04:32 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、おはようございます。 - 管理人:芳野達司

ウイーン・フィルとの来日公演はそれぞれ熱い演奏で、ことにアンコールにやられた「レオノーレ」は臨場感たっぷりな熱演でありました。
このドレスデンとの演奏はスタジオ録音でありながら、とても荒々しい演奏となっていて聴きごたえがありました。

RSSリーダー、使っていただいてありがとうございます。シンプルで使い勝手もよいような…他のを知らないのですが。
2007.04.22 09:16
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 4 6
8 10 12
15 19
21 23 25 26 27
28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー