忍者ブログ

ハンガリー弦楽四重奏団、ベートーヴェン"5番"

2017.07.21 - ベートーヴェン

ma

 

ハンガリー弦楽四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲5番を聴きました(1953年11月、パリでの録音)。
 
この曲の1楽章の第1主題が昔から好きで、ときどき取り出します。
最初に聴いたのはスメタナ四重奏団によるもの。DENONのレコードで、一時期はやったPCM録音です。日本コロンビアがNHKの要請で開発した世界初のデジタル録音、というふれこみでした、確か。家の安価なステレオ装置でも音がいいと感じたのは、気のせいだったのかもしれませんが。


1楽章のくだんの箇所は、軽やかで、幸せな気分が横溢しています。テンポは中庸です。いたって自然であり、作為のようなものを感じません。
2楽章は、いくぶん速め。優しくて心地よい風に撫でられるかのよう。
3楽章の軽快なフーガは、じつに牧歌的。メンバーが楽しみながら、笑顔で演奏しているところが想像できます。
4楽章は速い。アレグロというよりは、限りなくプレストに近いような。ハンガリーSQは一糸乱れぬアンサンブルで、一気呵成に弾きあげています。痛快な演奏です。


ゾルターン・セーケイ(ヴァイオリン)
アレクサンドル・モシュコフスキ(ヴァイオリン)
デーネシュ・コロムサイ(ヴィオラ)
ヴィルモシュ・パロタイ(チェロ)











ma
 
パースのビッグムーン。













PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー