忍者ブログ

ハンガリー弦楽四重奏団、ベートーヴェン"3番"

2017.06.28 - ベートーヴェン

ma

 

ハンガリー弦楽四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲3番を聴きました(1953年10月、パリでの録音)。


幸せな音符たちが賑やかに天空を舞うようなこの音楽、ベートーヴェンの作品のなかでももっとも魅力的な作品のひとつ。
ハンガリーの演奏は、とてもイキイキとしています。あくせくと仕事に追われる身でありながら余暇の時間に、こうしてじっくりと耳を澄ますと、ささやかなシアワセに包まれずにはいられません。
録音スタジオは残響が比較的少ないため、個人の技量がハッキリと明示されます。ですが、彼らの演奏に瑕疵はほとんどなく、完璧に弾き切っている。
それだけではなく、細かなニュアンスもしっかりと吟味した上であらわしており、それがいかにも自然体なので安心するのです。
3楽章は、ハイドンの「皇帝」の、現在ドイツ国歌になっているメロディーを彷彿とさせる雰囲気がありますが、とても格調高い仕上がりになっています。

ただ、録音状態はいいとはいえモノラルなので、ドライながら切っ先の鋭い(ジュリアード)や、しっとりと濃厚な(ズスケ)の録音に比べると、若干不利な評価になるのは否めないと感じます。



ゾルターン・セーケイ(ヴァイオリン)
アレクサンドル・モシュコフスキ(ヴァイオリン)
デーネシュ・コロムサイ(ヴィオラ)
ヴィルモシュ・パロタイ(チェロ)











ma
 
パースのビッグムーン。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
4 6 7 9
12 14 15
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー