忍者ブログ

ズスケ弦楽四重奏団、ベートーヴェン"4番"

2017.06.13 - ベートーヴェン

ma

 

ズスケ弦楽四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲4番を聴きました(1977年、ドレスデン、ルカ教会での録音)。


この曲は初期の弦楽四重奏のなかでは、もっともシリアスな音楽。悲劇的な色調を纏わせながらも、若々しい熱気に満ちた音楽であります。
1番から6番まで、どれもそれぞれ魅力的だけれども、完成度の高さにおいては、この4番が一段、秀でているかもしれない。

いままで何種類かのディスクを聴きました。ゲヴァントハウスSQやアマデウスSQ、あるいはボロディンSQなど名演と言えるでしょう。けれど、このズスケもまた素晴らしい出来です。
テンポの適切さ、歯切れのよさ、音程の確かさ、音そのものが色っぽいこと、ニュアンスの豊かなこと、どれをとっても一級品だと思います。
とくに印象的だったのは、1楽章においての3つの強い和音。激しいのだけれども、ちっともうるさくないどころか、まろやかに響く。
2楽章は軽快。いたって牧歌的でもあり、ジンセイこうありたいと思える演奏。
3楽章は快速な楽章ですが、弾力感のある弾き方なので、よりスピード感が増している。峻烈。
4楽章も速い。でも、ひとつひとつの音を丁寧に弾きあげています。休符に、青春の逡巡がある。そこも、ズスケたちはうまく掬い上げていると思います。

 

カール・ズスケ(ヴァイオリン1)
クラウス・ペータース(ヴァイオリン2)
カール=ハインツ・ドムス(ヴィオラ)
マティアス・プフェンダー(チェロ)










ma
 
パースのビッグムーン。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
4 6 7 9
12 14 15
19 20 22
25 26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー