忍者ブログ

ゲヴァントハウス四重奏団、ベートーヴェン"ラズモフスキー3番"

2017.04.18 - ベートーヴェン

ma




ゲヴァントハウス弦楽四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲9番「ラズモフスキー3番」を聴く(2002年1月-10月の録音)。


これは、ふうわりとした膨らみがあって、手触りが優しい演奏。

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲は、このゲヴァントハウスと並行して、エマーソンのものを聴いているけれど、まあ全然違う。剃刀のように鋭利なエマーソンと、ほんわかと牧歌的な味わいのあるゲヴァントハウスと。
どちらもいい。捨てがたい魅力がある。


1楽章は緻密な和音による序奏から、勢いのある主部へ。ゲヴァントハウスは響きそのものに温かみがあって、ベートーヴェン中期特有の攻撃的なところは影を潜めている。
2楽章は、ピチカートのリズムにのって、陰鬱なメロディーが展開される。中年男(といっても、ベートーヴェン30代半ばだけど)のメランコリーだろうか。
3楽章は、落ち着いた佇まい。ゲヴァントハウスの演奏はひろびろとしていて、温厚で、いきり立ったところが微塵もない。できることならば、ジンセイ、こうありたいもの。
4楽章は、快速。速いけれども、音符のひとつひとつを正確に弾いていて、各パートがはっきりと聴き分けられる。キメの細かな音色がとても心地よい。



フランク・ミヒャエル・エルベン(ヴァイオリン1)
コンラート・ズスケ(ヴァイオリン2)
フォルカー・メッツ(ヴィオラ)
ユルンヤーコプ・ティム(チェロ)








ma
 
パースのビッグムーン。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1
4 6 8
14 15 16 17
19 20 22 23 24
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー