忍者ブログ

A・デイヴィスのヘンデル「メサイア」

2008.12.07 - ヘンデル

handel

ヘンデル「メサイア」 A・デイヴィス指揮トロント交響楽団、他


藤原正彦の『数学者の休憩時間』を読む。
将棋の次の一手は、直感によるものだという。プロの棋士は、ときに一手に何時間も費やすことがあるが、それは、瞬間に閃いた手が正しいかどうかを確認することに時間をかけているのだ。膨大な確認作業を行った挙句、第1感で選んだ手を指すことが多いのだという。
藤原によれば、数学は直感が大切だと言っている。それを「数感覚」という。178円の牛乳と795円のコーヒーを買うとき、千円でおつりがくることを計算せずにわかるのは、数感覚の一例だという。
「四則演算は、小学校のうちに、有無をいわさず強制的に叩き込むのが最善と思う」。
そう、この感覚は本能的なものだけではなく、訓練によって生み出されるものだ。訓練を重ねることによって、直感が育まれてゆく。
将棋は論理だといわれるけど、こういうところが数学と似ているようだ。



モダン楽器による演奏。響きそのものはとりたてて素晴らしいわけじゃない。
どちらかと言えば、くすんだ音色である。そもそもトロント交響楽団が強い個性を持ったオケではないし、ことさら渋い音を聴かせるわけでもない、中性的なオケである。実際、ここではそれを超えるなにかが起こるというふうでもない。いたってフツーの、どこにでもありそうな音だ。合唱団もそう。色気がないというか、華に欠けるというか…。渋いというよりは、そっけなさを感じる。
だから、やけに堅実ではある。技術的に不満はない。その実直な姿勢には頭が下がるけれど、面白みに欠けるので、時間が長く感じるのだ。
と思っていたのは、途中まで。
2部の後半から、なかでも、派手な曲については、打って変わって光彩を放ってくる。ことに『ハレルヤ』。
ここぞとばかりに楽器を鳴らせていて痛快。オルガンの重低音を基調に、合唱団、弦、トランペット、ティンパニが華やかに炸裂している。生で聴いたら、いかにも盛り上がりそうだ。
それから『ラッパがなりて』がいい。トランペットがしっとりと軟らかくて、強弱のつけかたが繊細だ。奏者が明記されていないが、これは名人の手によるものとみた。
ラメイのバスは力強い。『メサイア』のバスは難しいので、スタジオ録音といえど、けっこうみんな音をはずす。ラメイもはずしているところがないわけじゃないけど、それを補って余りある立派な歌だ。筋肉質な声でもって、しっかりとした歌をズシンと腹に響かせてくれる。
バトルは絶頂期の声でそれは甘くて魅力的だけど、いまひとつ曲にあっていないような気がする。声のつややかさはカークビーにも負けていないが、アリアで浮いた感じがするのは、声の化粧が少々きついからだろうか。
エイラーは声の線の細さでもって引き締まった表情をみせていて、若々しく端正な味わいがある。
クイヴァーのアルトは、陰影に富んでいる。少し陰りが強いかもしれない。悲しみの色が濃い。
終曲は壮大なもりあがりを見せる。モダン楽器でこれだけティンパニを強く叩くのは珍しい。
この演奏では、賑やかな曲でとたんに指揮者が生き生きしてくるようだ。
A・デイヴィス、プロムスで鍛えた腕はだてじゃない!?


キャスリン・バトル(ソプラノ)
フローレンス・クイヴァー(アルト)
ジョン・エイラー(テノール)
サミュエル・ラメイ(バス)
トロント・メンデルスゾーン合唱団
トロント交響楽団
アンドリュー・デイヴィス(指揮)

1987年、トロントでの録音。

PR
   Comment(1)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま こんばんは

藤原正彦さん、数学関係のお話しは面白かったのですが、「品格本」は売れたかもしれませんが、数学者の持っているように思える論理的展開には欠けているように思いました〜。きっと直感なのかもしれませんね〜。

ノーベル賞を以前取られた、小柴のおじいちゃん、インタビュー番組で「本当にしっかりと勉強すれば、山勘は当たるんです」となるほどな、と思わせる発言がありました〜。

メサイア特集 もう何組目かな、と思います。
かなりの数になりますよね〜。

キャスリーン・バトル、向いている曲と向いていない曲がはっきりと別れるように思います。
私もこのコメントを書きながら、ショルティ盤を聴いています、久し振りですが〜。やはり名曲ですよね、吉田さんがこの曲にのめり込んでおられるのが少しは分かるような気もします〜。

ミ(`w´彡)
2008.12.08 Mon 18:19 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

コメントありがとうございます。

藤原正彦の数学本は面白いですね。仰るとおり、「品格本」は感覚的な切れ味は冴えているものの、あまり論理的ではないかもです。
この「数学者~」は、前半はなかなか面白いですが、後半は父親(新田次郎)の思い出を綴っているもので(面白くなくはないのですが)、ちょっと予想とは違うかなという感じを受けました。

メサイア特集、ご迷惑ですが、あと4,5組聴いて、ひと段落しようかと思います。
この盤は、歌手にスターをそろえているので、それぞれアクがあって面白いです。
ショルティ盤…いいですよね。ワタシのメサイアの原点なような気がします。
2008.12.10 21:54
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 13
15 17 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー