忍者ブログ

善光寺、ストコフスキー、「くるみ割り人形」

2011.09.24 - チャイコフスキー
 
tch

チャイコフスキー「くるみ割り人形」組曲 ストコフスキー指揮 ロンドン・フィル


ストコフスキーの「くるみ割り人形」といえば、彼にとって「ファンタジア」の頃から振っている鉄板演目。そのスタイルは戦前にすでに完成されたが、進化(変化?)は止まらなかった。
今日取り上げたのはロンドン・フィルを指揮した録音で、当時91歳。曲によって、とてもユニークな解釈をみせる。
「行進曲」は異様に速い。速すぎて、フルートなどはこんがらがりながら吹き抜ける。
「こんぺいとうの踊り」はえらく遅い。あくびのようなクラリネットにずっこけそうだ。
「花のワルツ」は、弦の流麗なメロディーでティンパニがドコドコ鳴り響く珍品。でもやられてみると、さほど違和感はない。
全体的に華やかで若々しい。ストコフスキーの場合、絶倫というよりは、年齢を超越していると言ったほうが近いようだ。


1973年12月、ロンドンでの録音。







おもむろに長野へ。
当初は会津へ行くつもりだったが、台風で磐越西線が止まったので、予定変更。

nagano



善光寺。
長野駅から徒歩で20分ほど。
参道は蕎麦屋が多い。

nagano



山門。

nagano



本堂。
642年に創建以降、10数回の火災に遭いながら生き残る。

nagano



六地蔵。
右から、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天、だそうだ。

nagano



「かどの大丸」の蕎麦。

nagano



長野駅近くの「もみじ茶屋」で馬刺し。
この店のセットは、生ビールと馬刺し、イナゴ、さらにモツ煮込みで1800円。安い。

nagano



イナゴ。
甘辛い味付けは、足がなければ小魚とさほど変わらない。

nagano



これも「もみじ茶屋」の岩魚の塩焼き。
つきあわせはフキノトウ。ほろ苦し。

nagano






台風15号の爪痕。
倒れた我が家の木蓮。
ほろ苦し。

taihuu
PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
"好色一代男"、クレンペラー、シューマン"4番" from:http://www.youtube.com/watch?v=zaOe8oL--mg
-08/17(Thu) -
ポリーニ、ショパン"ポロネーズ集" from:quero emagrecer 7 kilos em uma semana
-08/17(Thu) -
河野真有美、"IL CONCERTO VIA LATTERA" from:found it
-08/17(Thu) -
ハンガリー弦楽四重奏団、ベートーヴェン、"ハープ" from:rudolf2006
-08/14(Mon) -
カッチェン、ベートーヴェン、"皇帝" from:yoshimi
-08/01(Tue) -
カテゴリー