忍者ブログ

サンティのチャイコフスキー「交響曲第1番"冬の日の幻想"」

2007.12.20 - チャイコフスキー
コートの季節になると観たくなる映画がある。ジャン・ピエール・メルヴィルの「サムライ」である。
コートを着こなすアラン・ドロンがすこぶる格好いいのだ。前半は薄いグレーのトレンチコート、後半は黒のステンカラーコート。なぜ変わるかというと、銃で撃たれてコートが破損してしまうからなのである。
これを観て、気分だけはアラン・ドロンになって、冬支度をするのだ。

samurai


このあいだの日曜に録っておいたN饗アワーを観る。N饗って、うまいことは認めるけど、表情が薄いのであまり好んでは聴かないのだが、「冬の日」を全曲やるというので楽しみにとっておいた。
これはなかなかの名演だった。
全体的に端正な演奏で、特に木管楽器がいきいきしていて、いい響きを奏でている。アンサンブルも揃っていて、完成度の高いものだ。
圧巻は終楽章。明るく轟くブラスのパワーは、まるで重たくたちこめる冬の雲を切り裂く一筋の陽光のように鮮やかで効果的。キメの細かいシンバルもいい。
ネルロ・サンティは、いつも眠たそうな顔をしているので、なんだかぼやっとした印象があるのだが、じっくり聴いてみると、細かいところをないがしろにしない堅実な音楽をつくるヒトだということがわかる。
楽器をじっくりと歌わせながら、がっちりとした楷書体の筆致で書き上げる。
イタリアの指揮者がチャイコフスキーを好むのは、北への憧れなのかもしれない。
PR
   Comment(1)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま こんばんは

寒くなってきていますね、コートが必要かもしれませんね。

ネルロ・サンティさんの指揮ぶり
リハーサルと冒頭だけを見ました。
すべて暗譜で指揮していて、リハーサルも暗譜だということで、ビックリしました。しかも、パートのところまで出かけていって、指示を出すところ、相当しっかりと覚えていないと、ああいうことはできませんね。

それと、楽器の配置が面白かったですね、オペラのピットと同じような配置にしていましたよね。あれほど耳が良く、リズム感の良い指揮者、珍しいですよね。N響でも評判が良いんでしょうね、毎年、来日していますよね。

ミ(`w´)彡 
2007.12.21 Fri 19:32 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

コメントありがとうございます。

rudolf2006さんもご覧になりましたか。リハーサルも暗譜というのは珍しいのでしょう。そしてパートのところまで出かけていくところ、面白いですね。ああいうのは初めて観ました。練習時間が長びきそうで、団員には気の毒かもしれませんが、聴くだけの立場であれば関係ないですね^^
そうそう、楽器の配置も珍しいものでした。ああいうのを日本のオケでは見たことがありません。オペラのピットがああなのですか。対抗配置とも違っていて、たまにヨーロッパのオケに見かけるものでした。
それにしてもN饗は、指揮者によって変わるオケですねえ。
2007.12.21 21:29
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2 4
6 8 9 11
13 14 15 17 18
20 21 23
26 28 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
"好色一代男"、クレンペラー、シューマン"4番" from:source For Article
-03/28(Tue) -
"好色一代男"、クレンペラー、シューマン"4番" from:o guia da reconquista perfeita baixar
-03/27(Mon) -
ヴァンスカ、シベリウス"3番" from:curso vendedor online
-03/27(Mon) -
"好色一代男"、クレンペラー、シューマン"4番" from:http://psy.hnue.edu.vn
-03/27(Mon) -
ヴァンスカ、シベリウス"3番" from:o guia da reconquista perfeita pdf
-03/27(Mon) -
カテゴリー