忍者ブログ

でぇご、ケンプ・トリオ、"偉大な芸術家の思い出"

2013.08.18 - チャイコフスキー

ma



ケンプ・トリオの演奏で、チャイコフスキーのピアノ三重奏曲「偉大な芸術家の思い出」を聴く。

結論から言うと、これは素晴らしい演奏。
ピアノが中心となり、ヴァイオリン、チェロが今生まれたばかりのような生き生きとしたメロディーを奏でている。1楽章も素晴らしいが、なんといっても2楽章は聴き逃せない。
めくるめく変奏に、それぞれ表情を変えながら推進していく音楽なわけだが、どれをとっても瑞々しいことこのうえない。ときにはしっとりと、ときにはポップに、弾ききっている。愉しいことこの上ない。

音楽に、これ以上を望むことがあるだろうか?

フレディ・ケンプは、ウィルヘルム・ケンプの遠縁にあたり、母親は日本人とのこと。実の息子が孫かと思っていたがそうではない。でもこの技量は生半可じゃない。簡単なようでいて難しいこの音楽を、実に生き生きとまとめているのである。

バンセもチャウシャンも言うことなし。
この曲のベストとも言える、これは録音。




フレディ・ケンプ(ピアノ)
ピエール・パンセ(ヴァイオリン)
アレクサンドル・チャウシャン(チェロ)




2002年3月、ストックホルム、音楽アカデミー
での録音。












ma




パース便り。
















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー