忍者ブログ

「アルハンブラの思い出」 ペペ・ロメロ

2006.06.11 - タレルガ
栃木は鬼怒川温泉の近くに、「東武ワールドスクエア」という
テーマパークがある。
世界の遺跡や建築物の、ミニチュア博物館みたいなところだ。
古くはピラミッドやスフィンクスから、サン・ピエトロ寺院、
サグラダ・ファミリア、アジアからはアンコール・ワットなど、
アメリカはエンパイア・ステート・ビル、そして日本の東京駅
や金閣寺など、多くの展示物がある。
それぞれの作りがとても精巧にできている。
通行人や電車や車など、周辺の装飾もたいへん細かくできていて、
ジオラマ・ファンでなくとも楽しめるテーマ・パークだ。

サン・ピエトロ寺院

サン・ピエトロ寺院(東武ワールド・スクエア)

これらのいくつかに、BGMが流れている。
全部の展示物にBGMをつけると、音がごちゃまぜになって、
わけがわからなくなってしまうから、適当に場所が離れている
展示物にBGMがついている。

その展示物のひとつに「アルハンブラ宮殿」があった。
ギターのトレモロが、悲しげに響いている。
どこかの団体ツアーの酔っ払いオヤジ連中が、赤ら顔で一瞥し、
「スペインの音楽は寂しげだねー」とかなんとか騒ぎながら、
過ぎ去っていった。
確かに、寂しげな音楽だ。
酔っ払いオヤジの感覚は、正しい。
音楽が建物に溶け合っていて、数分間立ち止まったものだ。

アルハンブラ宮殿

アルハンブラ宮殿

後日、この音楽を無性に聴きたくなって、池袋のHMVへ行った。
同じスペイン物だということもあって「アランフェス協奏曲」との
カップリングが良かろうと思い、ジョン・ウィリアムスと
オーマンディとの組み合わせによるCDを購入して聴いてみた。

ところが、あの音楽がどこにも見当たらない。

ギターのトレモロの美しいあの音楽を「ある貴紳のための幻想曲」
だと思い込んでいたのである。
まったく、困ったもんだ。

これでは気がすまない。
数週間を経てその挫折を乗り越え、再度池袋に立ち寄り、長時間に
わたる厳密な検証(?)の末、この盤に決めた。

ギター名曲集

ペペ・ロメロ/ギター名曲集


ここでソロを弾くペペ・ロメロは、ロメロ一家の長男で、父親を
含め兄弟4人でのギター四重奏団で活躍したのち、やがてソロと
して独立した演奏家だ。
昔から名前は知っていたが、キチンと聴くのはこれが初めてかも
知れない。

バッハのシャコンヌから「禁じられた遊び」まで、様々な小曲が
収められたCDの中で、やはり「アルハンブラの思い出」がいい。
甘く切ないトレモロの響きに身をゆだねて、何度も繰り返し聴く。
ついでに、ウィスキーも何度もおかわり。


★古典音楽blogランキング!

★クラシック音楽ブログ集

★にほんブログ村 クラシックブログ
PR
   Comment(2)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - ピースうさぎ

アルハンブラの思い出、哀しげな旋律が印象的ですよね。
子供の頃よくNHKの名曲アルバムで聴いていました。
CDうちにあったかな?
2006.06.12 Mon 20:39 URL [ Edit ]

無題 - 吉田

ピースうさぎさん、こんばんは。
この曲の哀しげなところが、建物ととても良く合っていました。
建物はジオラマですが。
こういう小品は、どのCDに埋もっているのか、
探すのにやっかいですね。
2006.06.12 Mon 21:08 URL [ Edit ]
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
10 11 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー