忍者ブログ

祈りのように、ハラシェヴィチ、24の前奏曲

2012.03.11 - ショパン
ch

ショパン 「24の前奏曲」 アダム・ハラシェヴィチ(Pf)



古井由吉の「祈りのように」を読む。
仕事上の「瑕疵」により、精神に異常をきたした夫を見舞う妻の行動を描いている。
退職金も固辞して退職するほどの「瑕疵」とは何なのか、ここでは説明されていない。とても気になるし、これをどう解釈するかが重要なポイントだと思われる。

夫の死後も、妻はときおりバスに乗って病院を訪れる。外から見える病室の窓。死の直前には意識も定かではなかった夫に対する妻の思いは、明確にされていない。
バスに乗っていく妻の行動そのものが、せつなく、穏やかだ。







ハラシェヴィチのショパンを聴く。
ハラシェヴィチというと、ショパン・コンクールでアシュケナージを抑えて優勝をした人という印象が強い。70年代から80年代にかけては、ピアニストとしてのアシュケナージはとても輝いていたから、それに比べるとハラシェヴィッチはだいぶ影が薄かった。それがあって、なんでこの人が優勝したのか、腑に落ちなかったことを覚えている。まあコンクールというのはいろいろな綾があるということなのだろう。

このたびハラシェヴィチのショパンを廉価で発見したので、早速取りだしてみた。
件の太田胃散では、こころもちゆっくり目のテンポになっていて、しっとりとした味わいがある。
音色そのものは、際立って美しいというわけではないものの、曲によっては(15番、23番)ときおりキラッとした輝きをみせて、ハッとさせられた。

どの曲も、テンポがいい。中庸いうか、違和感を感じない。オーソドックスに徹した演奏と思うが、それだけに安心して聴くことができた。


1962年の録音。
PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 13
15 17 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー