忍者ブログ

ケルテスのシューベルト「交響曲第8番"未完成"」

2008.02.16 - シューベルト

shubert

シューベルト 交響曲8,9番 ケルテス指揮ウイーン・フィル


江戸川橋「串坊主」のやきとん。この店は「串八珍」の暖簾わけだろうか、メニューがよく似ている。
130円の串キャベツを筆頭に、1本100円前半の多くの串もの、そして多くが400円以内に収まるつまみ各種。
安くてうまいので、いつも盛況だ。
とはいえ2/14は、いつもに比べるとだいぶすいていた。
写真は、もうすでに1本なくなっている。

yakiton

カシラ、モモ、レバー、白モツ。
焼酎が進んでまいっちゃう。


ところで、今年の「ラ・フォル・ジュルネ」はシューベルトの特集らしい。
ここのところ、シューベルトに興味があるので、これは行かねば、と。
プログラムを見るところ、「水車小屋の娘」や「八重奏曲」、それに「レンダリング」も含まれているので、どれかは行きたいところである。
場所が会社から近いので、GWといわず平日でも望むところだ。


ケルテスの「未完成」は、強烈な演奏。
シューベルトの、鬼というか悪魔というか、暗黒的暴力的な側面がひときわ際立っている。
ケルテスが比較的若い頃(もっとも若死にだが)のものであるゆえかどうかわからないが、ここには深い慟哭がある。
こういう演奏は、あまり数多くを聴けるものじゃないけれど、忘れられないインパクトがある。
PR
   Comment(2)   TrackBack(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま こんばんは

今年はシュベルトみたいですね
フェスティヴァルになっていて、面白そうですね

ケルテスのシュベルト、確か出た頃に、話題になったような気がするですよ。聴いたことがあったか、どうかも忘れています、爆~。

ケルテスは全集盤も残しているんですね
この時期のヴィーンの音、デッカの録音は非常に良いので、聴いてみたい演奏ですね

車での移動になってから、居酒屋などにはほとんど行かなくなりました、それに飲み会には不参加、付き合いが悪いと言われていますが~

ミ(`w´)彡 
2008.02.17 Sun 03:19 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

コメントありがとうございます。

今年はシューベルトです。最近特に興味があるので、楽しみです。朝から晩までシューベルト、そしてベートーヴェンも少しやるようです。
ケルテス、全集盤があるようです。みんな聴きたくなります。
デッカの録音はいつも通り実によいですし、ウイーン・フィルの音がいい味をだしています。
この盤はカップリングが「グレイト」なのですが、ぜいたくな組み合わせです。演奏は「未完成」のほうがよいようです。

車での移動、うらやましいです。
電車は朝も夜も混んでいて、ろくなことはありません。
よいところは、呑めることぐらいでしょうかネ。
2008.02.17 16:28

無題 - mozart1889

こんにちは。
ケルテスの「未完成」、初めて聴いたとき大変怖かったことを思い出します。強烈なアクセントが何度も出てきて、ゾクッとする瞬間が沢山ありました。
闇の奥の方から、何か恐ろしいものがぬっと顔を出すような・・・・いやはや、スゴイ演奏でした。
2008.02.17 Sun 14:35 URL [ Edit ]

Re:mozart1889さん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

コメントありがとうございます。

そうですね、この演奏は、コワイコワイものです。
ケルテス、そしてウイーン・フィルときて、ホンワカした音楽を期待すると肩透かしを食らいます。
クライバーやムラヴィンスキーも、こういうコワイやり方で迫ります。それが堪らないというか…。
シューベルトには、ときどき、こういう底知れぬ暗い側面がありますね。そういうところも、この作曲家の魅力です。
2008.02.17 16:34
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →

ケルテスのシューベルト「未完成」

イシュトバン・ケルテスの未完成。 オケはウィーン・フィル。1963年録音のDECCA盤。 ケルテスとしてはレコードでビューして間もない頃。 この10年後にケルテスはテルアヴィブで水難事故に遭って夭逝してしまう。 だから「未完成」以後の10年が、ケルテスの全盛期であったのだ。 冒頭のチェロとコントラバスのが聞こえるか聞こえないか、というピアニシモ(我が家のオーディオシステムでは、これをきちんと聴こうとすると、フォルティシモで部屋が割れそうになる(^^ゞ・・・)・・・・やがて、例のオーボエとクラ...
クラシック音楽のひとりごと 2008.02.17   14:30
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:bandar adu ayam terpercaya
-07/21(Fri) -
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カテゴリー