忍者ブログ

エベーヌ弦楽四重奏団、シューベルト"弦楽五重奏曲"

2017.03.01 - シューベルト

ma




エベーヌ弦楽四重奏団とカプソンのチェロで、シューベルトの弦楽五重奏曲を聴く(2015年9-10月、パリ、サル・コロンヌでの録音)。

これは、硬軟おりまぜた、才気煥発な演奏。
室内楽の「白鳥の歌」ともいうべきこの曲の、こんなに若々しくて伸びやかな演奏は、今まで聴いたことがないかもしれない。
荒削りなところはあるものの、それを補って余りある新鮮さがある。初春の若芽が、冷たく湿った大地を切り裂いて、清々しい空気を纏うかのよう。

1楽章は力強い。はち切れんばかりのエネルギーを、おしみなく発散させている。チェロの2人がゴツい音を出す。松脂が飛び散るのが見えるみたい。
第2主題は優しい肌触り。
2楽章では、呼吸の深いメロディーを、丁寧に抑揚をつけて歌わせている。ヴァイオリンとチェロとのピチカートが、生々しい。
長い。その長さがいとおしい。
3楽章は、豪壮。
そして、まるで黄泉の国を思わせるトリオでは、いたずらにシューベルトのデモーニッシュな側面を強調しようとせず、明瞭な音作りに徹している、ように感じる。
4楽章は、キレがあって、リズミカル。細やかな強弱の変化が、華やかな色づけになっている。
第2主題は、こってりと甘くしている。至福!


エベーヌ四重奏団
 ピエール・コロンベ(Vn)
 ガブリエル・ル・マガデュール(Vn)
 マチュー・ヘルツォク(Va)
 ラファエル・メルラン(Vc)
ゴーティエ・カプソン(Vc)








ma
 
パースのビッグムーン。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 5 6 7 9
11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー