忍者ブログ

"下流の宴"、オーマンディ、"カルミナブラーナ"

2012.09.20 - オルフ
 
ba
 
オーマンディ フィラデルフィア管弦楽団 20世紀の音楽




林真理子の「下流の宴」を読む。

これは、中卒でフリーターの息子とお嬢様学校を卒業して一流企業に勤めている娘を持つ母親の悩みを描く小説。
20歳の息子が22歳の田舎娘と結婚しようと言いだしたときに話は動く。母親から身分の違うことを指摘されて逆上した田舎娘は、一念奮起して医者を目指す。2年の浪人生活を経て受けた医学部の合否は・・・。そして、その結果訪れる結末は、いかにも現代風。

楽をしたいからフリーターに甘んじようとしても、周囲はなかなか許してくれない。その一方で、一流大学を出て大企業に勤めていても挫折がある。
面倒な世の中だ。








オーマンディの「カルミナ」は輝かしいくらいに明るい。
打楽器、金管楽器、木管楽器に弦楽器、さらに混成合唱と独唱が、一丸となってまばゆく響く。

「カルミナブラーナ」といえば、重厚なヨッフムや切れ味のレヴァイン、厚みのムーティに勢いのシャイーといったあたりの演奏が記憶に残っている。
このオーマンディ盤は、黄色い太陽の下で、フリチンの男たちと乳房をあらわにした女たちが、自然な欲望のままに踊ったり歌ったりまぐわったりしているようなところを想像する。カラッとしていて、いやらしさがない。

この明るくて大ぶりな演奏は、「カルミナ」の多くの録音のなかでも、特に印象的なもののひとつになりそうだ。


ヤニシュ・ハルシャーニ(ソプラノ)
ルドルフ・ペトラク(テノール)
ハルヴェ・プレスネル(バリトン)
ニュージャージー州立ラトガーズ大学合唱団



1960年4月、フィラデルフィア、ブロードウッド・ホテルでの録音。








PR
   Comment(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

ふしぎ - neoros2019

このカルミブラーナとガーシュインのパリのアメリカ人は古くからラジオで繰り返し慣れ親しんで聴いていたのだがこれぞというレコード、CDにぶち当たらず、今に至っています。
ブラーナは小澤/ベルリンフィルを購入後三日後叩き売って以来、あまりこの曲に触れなくなってしまった経緯もあります。
曲は基本的に好きなんですけどね
2012.09.22 Sat 13:49 [ Edit ]

ワタシのおすすめは - 管理人:芳野達司

neoros2019さん、こんにちは。

今の気分では・・・
カルミナブラーナはレヴァイン/シカゴか、このオーマンディ盤がいいかと。
パリのアメリカ人はマゼール/クリーヴランドをよく聴きます。

ちなみに、小澤/ベルリンフィルのカルミナは、私も先日叩き売りました!
2012.09.22 18:15
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
10 11 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー