忍者ブログ

高関健、東京シティ・フィル、"幻想交響曲"

2020.02.12 - 演奏会

gr



高関健指揮 東京シティ・フィルの演奏会に足を運びました(2020年2月1日、ティアラこうとう大ホールにて)。

ショスタコーヴィチ チェロ協奏曲1番
   チェロ:岡本侑也
ベルリオーズ 幻想交響曲

高関さんはワセオケを振っていた頃から気にしている指揮者で、たびたび聴いています。
ベルリオーズは、何年か前にオペラシティでやった『ファウストの劫罰』が名演奏だったので、この日の『幻想』には大いに期待をしていました。

果たしてこれは、今まで聴いたコンサートのベスト5に入ることに加え、今まで生きていてよかったと心の底から感じられる、極めて数少ない演奏会でした。

演奏の特色は以下の通り。
・全体を通じてややゆっくり目のテンポ。
・ハーブを指揮台の手前に左右配置。
・鐘は舞台裏。
・4楽章は反復。
・だいたい14型。ヴァイオリン対抗配置。

厚みのあるオーケストレーションにも関わらず副声部が明瞭に聴こえ(4楽章のチューバ!)、結果ベルリオーズが希求したであろう色彩の祭典なるものが具現されていたように感じました。また、熱く情熱的な要素と周到な計算とが、なんの矛盾もなく、澄んだ空気のような滑らかさで心に染み渡ったのも稀有な経験。
コントラバスの暴虐なまでの切れ味と大太鼓の咆哮をトリガーに、4楽章の途中から体が震え、最後までそれは収まりませんでした。

岡本さんのショスタコもよかった。
彼のチェロはとてもしなやかでまろやか。曲そのものはけっこうトンガっているけれど、彼の手にかかると初期ロマン派を思わせる。
3楽章のカデンツァはこの曲最大の聴かせどころだと思うけど、まったく逡巡することなく弾き切っていて、ホントに今の若手はスゴいなぁと、感服しました。

何はともあれ、歴史的名演奏(かな?)に立ち会えたことに感謝。



















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー