忍者ブログ

新国立劇場、マスネ、"ウェルテル"

2019.03.25 - 演奏会

ma



新国立劇場の制作によるマスネ「ウェルテル」公演に足を運びました(2019年3月24日、新国立劇場にて)。

結論から言えば、シャルロッテ役の藤村美穂子さんの独壇場でした。声の深みとフランス語発音の味わいの濃さもさることながら、音量のコントロールが素晴らしい。奥行きのあるメゾの音色は大ホールを満たし、オーケストラに比しても遜色のない広がりを感じさせました。

代名役のピルグは硬質な声の伸びが見事。3幕の、プッチーニを思わせるアリアは、若々しくて力強い歌がストレートに響き渡って気持ちが良かった。いささか一本調子の感はあったが、ウェルテルのキャラクターがそうなのであるから、これで良し、か。

ソフィー役の幸田さんは相変わらず可憐な歌を聴かせてくれました。ただ、ヴィブラートが思いのほか強いなど、藤村さんと絡むところではアラが見えてしまう。それは些細なことなのですけどね。

コクのある音を紡ぎ出した東フィルは良かったし、歌手とのタイミング/音量といったコントロールをしっかり決めた指揮者はなかなかの手練れ。

演出はシンプルで古典的とも言えるもの。好感を持ちました。

でもこの公演は、やっぱり藤村さんに尽きるかな。彼女の歌、ずっと聴いていたいと思いました。



【ウェルテル】サイミール・ピルグ
【シャルロット】藤村実穂子
【アルベール】黒田 博
【ソフィー】幸田浩子
【大法官】伊藤貴之
【シュミット】糸賀修平
【ジョアン】駒田敏章

【指揮】ポール・ダニエル
【合唱指揮】三澤洋史
【合唱】新国立劇場合唱団
【児童合唱】多摩ファミリーシンガーズ
【管弦楽】東京交響楽団

【演出】ニコラ・ジョエル
【美術】エマニュエル・ファーヴル
【衣裳】カティア・デュフロ
【照明】ヴィニチオ・ケリ









PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 5 6
7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー