忍者ブログ

ポゴレリッチ、山田和樹、読売日本交響楽団

2020.02.18 - 演奏会

gr



山田和樹指揮 読売日本交響楽団のコンサートに足を運びました(2020年2月11日、みなとみらい大ホールにて)。


グリーグ 2つの悲しい旋律
シューマン ピアノ協奏曲
  ピアノ:イーヴォ・ポゴレリッチ
ドヴォルザーク 交響曲7番


まずはポゴレリッチのコンチェルト。予想を超える破天荒さ。
オーケストラが伴奏するところは比較的中庸。でも、ソロの部分は奔放極まりない。時が止まったかのような遅さでもって暗闇を照らすかのような感傷的なピアノを弾くかと思えば、神経を逆撫でするようなスピードでもって疾走する。細かいパッセージを弾き飛ばす荒っぽさも散見されたけど、とりわけ高音は真夏の陽光のように眩しくて力強く、それは2管編成のオケの強音に負けないくらいに輝いていました。
大きなテンポの変化には異議なく、面白く聴くことができました。ただ、琴線に触れるような感動には至らなかったかな。

それにしても、こんなピアノを弾く人は病的だろう。生きにくいだろう。そんなことを想起すると、シンパシーを感じないわけにいかない。

好きな悲しい旋律はきめ細かなストリングスにほろ酔い。
ドヴォルザークはソツなく仕上げた感じ。山田さんを聴くのは2度目。指揮ぶりからして要領はとてもいいように感じたけれど、前回同様、心の深いところに届かないもどかしさがある。



















PR
   Comment(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

何かが壊れてしまったような... - yoshimi

こんばんは。ポゴレリチは若い時からテンポ設定は独特でしたが、それでも病的な印象はなかったですね。

20歳年上の師だった奥さんを亡くしてからすっかり変わってしまいました。最近は復調して以前ほど陰鬱で重苦しい演奏ではないようですが、何かが壊れてしまったままなのかもしれませんね。

新譜のベートーヴェンのピアノ・ソナタ(22・24番)は、試聴した限りでは22番はわりと普通(途中で変わるのかもしれませんが)、24番は冒頭からテンポ設定もタッチもかなり風変りで、やはり私には合いませんでした。
2020.02.19 Wed 23:27 URL [ Edit ]

生きるのが大変そう。。 - 管理人:芳野達司

yoshimiさん、こんばんは。
詳しくは存じないのですが、奥さんを亡くしてから病に倒れ、しばらく休業していたそうですね。若いころの「交響練習曲」やベートーヴェン32番などは、一風変わってはいるものの、病的とのイメージはなかったです。
新譜はそうでしたか。なんでも、20年振りのセッション録音だとか。
開演前に、端に佇むピアノを弾くポゴレリッチがいました。分厚いコートと毛糸の帽子を纏って。会場は暑いくらいだったので、その姿はいささか異様でした。
2020.02.20 21:53
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
2 3 4 5
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー