忍者ブログ

ベートーヴェン、弦楽四重奏「ラズモフスキー、後期」演奏会

2018.01.01 - 演奏会

ma
 


あけましておめでとうございます。

もう昨年のことになりましたが、3つの団体によるベートーヴェンの弦楽四重奏曲演奏会に足を運びました(2017年12月31日、東京文化会館小ホール)。

ラズモフスキーと後期が、休憩含めて7時間半かけて演奏されました。この催しは今回で12回目とのことですが、初めて。長丁場でしたが、終わってみればあっという間のことのように思えました。

エクセルシオはラズモフスキー。去年に聴いたときよりも、音楽に柔らかな膨らみが出てきたし、技巧も進化したと感じました。とりわけ7番は気合いの入った名演奏。

古典四重奏団は、その高名を昔から伝え聞いていましたが聴くのは初めて。
凄かった。4つの楽器はまるで生き物のように有機的に奏でられ、強弱の按配、間の取り方が絶妙に采配されていた。それは鬼神が弾いているのかと一瞬錯覚に陥った「大フーガ」において頂点に達しました。この日は2曲のみでしたが、もっと聴きたかった!

ARCOは在京のプロオケの首席クラスを集めた精鋭の団体。キレのあるテクニックを駆使して、安定した演奏を聴かせました。15番のモルト・アダージョは心に沁みました。


全体を通して、とてもエキサイティングなコンサートだったので、次回もまた(体力があれば)足を運びたいと思います。







ma
 
パースのビッグムーン。












PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー