忍者ブログ

シャネル・ピグマリオン・コンサート

2018.07.07 - 演奏会
ma



福田俊一郎さんのヴァイオリン、三又瑛子さんのピアノによるデュオ・コンサートに足を運びました(2018年7月7日、銀座、シャネル・ネクサス・ホールにて)。

シャネルのピグマリオン・コンサートは3年ほど前から聴いていますが、どれもとても質が高い。若者中心とした人選もさることながら、奏者の選曲もいい。人口に膾炙した曲ばかりを選ばない。
今回も、期待を裏切りませんでした。


ルクレール ヴァイオリン・ソナタ ニ長調
シューマン ヴァイオリン・ソナタ1番
プーランク ヴァイオリン・ソナタ


ルクレールは少しは硬かったかな。技術的には過不足ないが、フランス・バロックの軽やかさはここに見出せませんでした。

3日間で仕上げたとは思えないシューマンのソナタは、堅実な中低音で堅実に捌く。そこには、ふわふわとしたインスピレーションは薄かったものの、手厚いドイツ音楽がありました。

プーランクは本日最高の聴きものだったかもしれません。切っ先鋭いヴァイオリンの厳しい音色は、第二次世界対戦真っ最中のパリの陰鬱を語っていたようです。美しくてデリケートなピチカートが悲劇を演出していました。

まろやかなピアノは、ときには歯切れよく、ときには夢のように柔らかく、盤石のサポートだったと感じます。













PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2
5 6 7 8 9
13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー