忍者ブログ

F=ディースカウ、クーベリック、ヴェルディ、"リゴレット"

2018.06.03 - ヴェルディ

ma


F=ディースカウのタイトル・ロール、クーベリック指揮ミラノ・スカラ座、他の演奏で、ヴェルディの「リゴレット」を聴きました(1964年7月、ミラノ・スカラ座での録音)。

このオペラはヴェルディの所謂「中期の傑作」で、密度の濃さと親しみやすさでは、彼の多くの作品のなかでも出色だと思います。
アリアとデュエットをとっても、「悪魔め、鬼め」、「それは心の太陽」、「女心の歌」など充実しているし、オーケストラも多彩であって飽きさせません。
ドイツ・グラモフォンにはジュリーニがウイーン・フィルを振った録音があって、とても素晴らしいものだけれど、このクーベリック盤もいいものです。

まずはF=ディースカウ。相変わらず、声をパッと聴いただけで彼だとわかります。歌い回しもそうだけれど、声そのものが独特。とても理知的でありながら、悲哀をも滲ませる歌唱は彼ならでは。
ベルゴンツィは輝かしく立派であって、とても「オペラ三大ゲス野郎」(あとふたりは誰だ)のひとりとは思えない、爽やかといってもいい歌を聴かせてくれます。じつに安定している。
スコット。先月に彼女の「トラヴィアータ」を聴いて感銘を受け、すっかり彼女を気に入りましたが、ここでも好調。艶やかで可憐な歌唱を余すところなく披露しています。
怜悧なコッソット、重厚なヴィンコは後半をしっかりと締めています。

クーベリックのオーケストラは、歌手にぴったりと寄り添いつつ、痒いところに手が届くような配慮を施しています。そして劇的。テンポの変化は自然でありながら、熱気がこもっており、パンチ力もじゅうぶん。思わず手に汗を握る場面があります。


レナータ・スコット(ジルダ)
フィオレンツァ・コッソット(マッダレーナ)
カルロ・ベルゴンツィ(マントヴァ公)
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(リゴレット)
イーヴォ・ヴィンコ(スパラフチーレ)、他






ma















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5
7 8 10 11 12
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー