忍者ブログ

アホの壁、アーヨ、四季

2011.04.09 - ヴィヴァルディ

vi

フェリックス・アーヨ(Vn) イ・ムヂチ合奏団


筒井康隆の「アホの壁」を読む。著者自ら、「バカの壁」の「二匹目の泥鰌を狙うアホ」と言っている。確信犯である。
同じようなベストセラー書の題名のパクりものは少なくないが、とくに「国家の品格」の二匹目狙いはすごいらしい。「女性の品格」は300万のヒットとなり、一匹目を超えたが、その後続が百数十冊を数えたという。
「会社員の品格」、「教師の品格」、「父親の品格」。このあたりはまあまあ、それなりのものがあるかもしれない期待がある。「薄毛の品格」、「腐女子の品格」、「月イチゴルフの品格」あたりになると、なんでもアリという感じ。
「品格もへったくれもあったものではない」と著者は言うが、このエッセイについては、一匹目を超えることができたとは言い難いかな。


アーヨによる懐かしい「四季」。
「春」の冒頭から、たっぷりとレガートを利かせていて、ロマンの香りが濃く漂う。弦楽器の艶のある音がひたすら美しい。「冬」の2楽章のピチカートが、まるで粉雪のように軽やかところは印象に残る。全体にチェンバロがかなり控えめに奏されていることが、この演奏のひとつのキモじゃないかと感じた。
この演奏を初めて聴いた頃からすでに「四季」のレコードは星の数ほどあったから、どんな演奏があるのか全容を把握できないし、これからもできない。乏しい記憶によれば、アーノンクールの演奏あたりから、ビートをきつくしたり、装飾音を多用した演奏が多くなってきていったように思う。現在は古楽器を用いたものが一般的なのかもしれない。
そんな中、イ・ムヂチによる演奏はひと昔、あるいはふた昔のスタイルということになるかもしれないが、どれも古びた感じはしないし、聴いていてなんだかホッとする。特にアーヨのものは甘い雰囲気があっていいネ。

1959年5月、ウイーンでの録音
PR
   Comment(1)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま おはようございます〜

「アホの壁」私も買いましたが、読み通すことができていません、筒井さんにしては珍しく真面目に議論されていて「アホ」なところが微塵も感じないところが〜爆〜。

「品格」シリーズ、ホンマに品格がないですね〜爆〜
「バカの壁」よりも「逆さメガネ」の方が面白かったようにも思います。養老さんはミステリの紹介者として知ったんですよ。有名になられる前の本も読みましたが、そちらの方が詳しく書かれていますね〜。

イ・ムジチの「四季」本当に懐かしいですね
LP時代は確かスコアがおまけに付いていたように思いますけど〜。
ピリオド楽器の演奏も良いですけど、オーマンディ師の演奏も面白いですよ。それに、イ・ムジチの明るい「四季」ってやはりイタリアのものかもしれませんね〜。
▼・。・▼
2011.04.16 Sat 11:14 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

「アホの壁」はまっとうなエッセイですね。見識のあるオトナ、といった感じ。初期のSFはもちろん、最近のタバコに関する意見がけっこう過激なものだったので、この本は、ちょっと期待とは違うものでした。
養老さんの本はときどき読みます。ずいぶん多作の人ですよね。「逆さメガネ」ですか、探してみましょう。

イ・ムジチの「四季」、ふた昔まえは定番でした。最初に買った四季のLPはじつはミケルッチのものだったのですが、おっしゃるようにスコアがついていました。豪華なものでした。今は昔です。もっとも今はCDそのものが安いので文句を言う理由はありません^^
2011.04.16 17:42
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー