忍者ブログ

"嵐のあとで"、ナット、ベートーヴェン3番

2015.06.17 - ベートーヴェン

b



ヘミングウェイ(高見浩訳)の「嵐のあとで」を読む。。

舞台はハバナ。ちょっとした傷害事件を起こした男が海を舟でプチ放浪する。すると大変な嵐が。
ようよう岸にたどり着こうとすると、水中にあるものを発見する。それは、大型客船。海の中の窓の奥に、金の髪がゆらゆらとたゆたっている。
これは稼ぎ時だと決めた男は、火事場泥棒に邁進するが・・・・・・。

「ガラスをスパナで叩いた。ガラスを透かして、水中に浮かんでいる女が見えた。その髪は根元で結ばれていて、そこから四方八方にゆらめいていた。片手の手の指には、いくつか指環がはまっている。彼女は舷窓のすぐそばに浮かんでいるのだ」。

これは、カラッとした陽光に晒された幻想小説。引き続き読むのが楽しみ。







ナットのピアノで、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ3番を聴く。

ナットとポリーニで、ベートーヴェンのソナタを聴き比べている。中期の激しさ、後期の奥深さとはまた違って、初期もいい。瑞々しくて元気がいい。しかも、すでにハイドンとは異なる顔を見せる。終楽章は、まるで20番台のソナタみたい。コミカルでいて折り目正しい。

ポリーニはこのあたりのソナタを比較的最近に録音している。余裕のある、ゆったりとしたベートーヴェンになっている。それに対しナットはどちらかと言えば速くて快活。

この3番に関しては、ナットの演奏のほうを気に入った。軽やかで滑舌のよいピアノだ。強いて言えば、グルダのベートーヴェンに似ているだろうか。もったいぶったところのない、端的な演奏。切れ味がよく、音のひとつひとつがコロコロと粒だって聴こえる。音色だけでもじゅうぶんにおいしいけれど、流れもとてもよく、聴いていると時間を忘れてしまう。



1955年11月、パリ、Salle Adyarでの録音。



ma
 
キングズパークの秋。





重版できました。




「ぶらあぼ」4月号に掲載されました!









PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 13
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー