忍者ブログ

ゲヴァントハウス弦楽四重奏団、ベートーヴェン、弦楽四重奏曲15番

2017.06.07 - ベートーヴェン

ma

 

ゲヴァントハウス弦楽四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲15番を聴きました(1998年2月の録音)。


ベートーヴェンの弦楽四重奏のなかで、15番はもっとも好きな曲のひとつです。3楽章はもちろんのこと、1楽章、5楽章もたまらなくいい。
ゲヴァントハウスの演奏は、この全集のなかでも、ひときわ印象的な演奏です。


1楽章は、ゆらゆらとした入り方。曲線的であり、神妙な雰囲気を感じます。主部になっても、あまり速くならない。強弱にしろ、テンポにしろ、細部の味付けを濃厚につけている。ことごとく、心に沁みるのです。
2楽章アレグロも、わりとゆったりとしたテンポ。もともと不思議な味わいのある音楽であるけれど、ゲヴァントハウスによる演奏はトリオを含めて、幽玄といってもいいくらい幻想的。
3楽章は「リディア旋法による、病より癒えたる者の神への聖なる感謝の歌」と題されたアダージョ。ベートーヴェンが腸カタルを克服した喜びをあらわした曲とされています。
ときに彼は、54歳。私とあまり変わりません。音楽というものは、これほどの高みにいきつくものなのか。毎度のように、それを思い知らされます。
ゲヴァントハウスの柔らかな響きが、言いようもなく素晴らしい。
4楽章はふっ切れたように快活。そよ風のように走り去っていく。
5楽章は、エルベンのヴァイオリンが高潔。強くもなく弱くもなく、速くもなく遅くもなくちょうどいい塩梅、格調が高いのです。かすかなポルタメントが、いいスパイスになっています。
彼らは涙を浮かべながら弾いていたのではないか、そんな夢想を抱いてしまう演奏です。



フランク・ミヒャエル・エルベン(ヴァイオリン1)
コンラート・ズスケ(ヴァイオリン2)
フォルカー・メッツ(ヴィオラ)
ユルンヤーコプ・ティム(チェロ)










ma
 
パースのビッグムーン。











PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1
4 6 8
14 15 16 17
19 20 22 23 24
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー