忍者ブログ

クーベリック、ベートーヴェン"7番"

2016.01.04 - ベートーヴェン

ma



クーベリック指揮ウイーン・フィルの演奏で、ベートーヴェンの交響曲7番を聴く。

この演奏、ほぼ同時期に録音された、C・クライバーの演奏とつい比較してしまう。
本ディスクは1974年9月、クライバーのは1975年11月から1976年1月。
同じオーケストラと同じロケーション、そして同じレーベルで同一曲をセッション録音するというのはなかなか珍しい。
しかも、両者ともヴァイオリンが対抗配置である。偶然にしてはよくできている。

クライバーが管楽器とティンパニを前面に押し出し、速めのテンポでぐいぐい推進するのに対し、クーベリックのはゆったり目、そしてこちらは弦楽器がとてもよくうねっている。
そう、この演奏は弦セクションが素晴らしい。艶やかな黄金色の光彩は、コクがありまろやか。ヴァイオリンが左右で呼応するところは実に目覚ましく(ここはクライバーもそうだが)、作曲家はこの効果を念頭に音符を記したのだろうと、思いを馳せずにいられない。

全体を通して、丁寧で折り目正しい。そのあたり、セッションのよさが出た録音だと思う。
4楽章最後の「タン、タタタン、タタタン」は、キチンと粒だっており、ここはクライバーより好き。


1974年9月、ウイーン、ムジークフェライン大ホールでの録音。





ma
 
新年。





3月に絶版予定。。






PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 13
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー