忍者ブログ

キングスパーク、ザンデルリンク、"田園"

2013.11.02 - ベートーヴェン

ma

 


ザンデルリンクの指揮でベートーヴェンの「田園」交響曲を聴く。

とてもとても遅い。全曲で47分以上かけているから、最長クラスだ。
その遅さに最初はとまどうけれども、やがて慣れてくる。慣れてくると、このテンポしかないという錯覚に陥る。

遅いから、深みがある。ひとつひとつの音に対して、慎重に丁寧に進める。
ゴツゴツとして重厚な弦もいいし、その上でひらひらと飛翔する木管群が素敵だ。ファゴット、クラリネット、フルート。煌めいていて軽やか。木の香りが濃厚。
2楽章でヴァイオリンのトリルに乗って現れるクラリネットの、なんと鄙びていることか。フルートとオーボエの掛け合いは素朴で美しい。
スケルツォは遅いけれども重くない。ここでも木管楽器の軽やかな飛翔が素晴らしい。
嵐の場面ではトランペットの咆哮が印象的。出だしはフォルテッシモ、すぐさま弱くするやりかたはムラヴィンスキーに似ている。
終楽章もしっかりとした足取りで進む。優しくて、力強い。途中で弦のアンサンブルが乱れるが、それすら味わい深い。最後は悠々と終わる。

残響豊かな録音もいい。観客の息詰める雰囲気が漂う。

19世紀初頭のドイツの田園はこんな風景だったのだなあと、時空を超えて想いを馳せずにいられない。





クルト・ザンデルリンク指揮 ベルリン・ドイツ交響楽団

1991年12月2日、ベルリン、シャウシュピールハウスでのライヴ録音。









ma




ma
















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 4 6
8 10 12
15 19
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー