忍者ブログ

ケント・ナガノ、ブルックナー7番

2015.05.10 - ブルックナー

ma



ナガノ指揮バイエルン国立管弦楽団の演奏で、ブルックナーの交響曲7番を聴く。

この指揮者の演奏を多くきいているわけではない。記憶が確かなら、「トゥーランガリラ交響曲」と「ファウストの劫罰」とのふたつのディスクだけ。どちらも大曲であり、全体をよくまとめているとの印象があるが、その程度に留まっていると感じ、正直言ってあまり感銘は受けなかった。
しかし、このブルックナーは掛け値なしに素晴らしい。いままで聴いた7番のなかでもトップクラスにあげたい。



ma




このオーケストラはバイエルンのオペラハウスの常駐オケで、コンサート活動は基本的に年に6回の定期演奏会しか行わない。サヴァリッシュ時代はもっぱらオペラ中心だったし、C・クライバーはコンサートでも使ったが、彼のことだから演奏頻度は少なかった。
実演では、クライバーの東京公演でブラームスなどを聴いたが、指揮はともかく、オーケストラはまあ渋くて安定感があるな、くらいにしか思わなかった。

ところが、この演奏ではオーケストラがめっぽう素晴らしい。弦楽器の艶やかな音色、フルート、オーボエ、クラリネットの毅然とした硬めの音、そして輝かしくもまろやかな金管楽器群。まるで、ブルックナーを演奏するために集められた団体のよう。ドレスデン・シュターツカペレやウイーン・フィル、ミュンヘン・フィルもかくやと思わされる。ロケーションが残響の多いところなので、そのせいもあるのだろう。パーテルノストロのブルックナーも残響の多い録音だったが、こちらはもっと見通しのよい録り方をしている。

ヴァイオリンの対抗配置を採用していると思われ、どちらかと言うと重心がやや高い。それが狙いのひとつでもあるのだろう。全体が透明感のある明るい色調になっている。
個々の奏者の技量は高い。楽章の合間に会場の咳が聞こえなければ、セッション録音だと思うだろう。拍手は収録されていない。

ナガノの指揮はとても緻密。隅から隅まで目がゆき届いており、強い全奏の箇所でも音が塊にならず、パラパラとほぐれている。細かい音も全体にしっくりと馴染んでいるから、流れに淀みがない。
テンポは全体的に、こころもち速め。アゴーギクはほとんどきかせていない。
1楽章と4楽章で、短い経過句のようなところのファンファーレがいくつかあるが、そこで思い切って音量を落としている。それがとても効果的で、全体のいいスパイスになっている。2楽章の頂上は、ティンパニ、シンバル、トライアングルつき。

ナガノはブルックナーをこのオーケストラと他に4番と8番を録音しているそう。機会を作って聴いてみたい。


2010年9月、ベルギー、ゲント・カテドラルでのライヴ録音。



ma
 
すがすがしい。





在庫がなく、ご迷惑をおかけします。
5月下旬に重版できる予定です。




「ぶらあぼ」4月号に掲載されました!









PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー