忍者ブログ

大根奇聞、シャイー、チャイコフスキー"交響曲第5番"

2011.11.23 - チャイコフスキー
  
tch

チャイコフスキー「交響曲第5番」 シャイー指揮ウイーン・フィル


島田荘司の「大根奇聞」を読む。
ときは江戸時代。天明の大飢饉の鹿児島は、桜島の大噴火もあり作物は全滅。住民は次々に餓死していった。
そんななか、桜島大根だけが実をつけたが、お上の監視があり手を出すことができなかった。生き倒れの旅人(後に武勇伝を残すことになる)を救うために桜島大根を盗んだ老婆は、なぜ打ち首にならなかったのか?
ミステリーは最後、御手洗の手であっさりと解き明かされるが、これは途中で読めたナ。謎解きよりも、「浮浪雲」を思い起こす厚い人情が印象的。






録音当時27歳だったシャイーのデビュー盤。
勢い重視の熱いチャイコフスキー。
後にレコード芸術のインタビューでライナー・キュッヘルがこの録音を指して、あれはチャイコフスキーではない、というようなことを言っていた。確かに、シャイーは演奏会ではこのオケをあまり振っていないようだから、団員の評判はよくなかったのかもしれない。デッカとの契約だから、録音は(しぶしぶ?)実施したのだろう。そういうところはショルティの立場に似ているようだ。
それはともかく、この演奏のどこがチャイコフスキーではないのか、ちょっと理解に苦しむ。勢い余って、ときおり前につんのめりそうになるところがあるが、ああいうところを問題視しているのだろうか。だとすればチャイコフスキー云々というより、若気の至りといったほうが近いのじゃないだろうか。団員からみると、やりにくかったのかな。
いずれにしても、このノリのよさ、他の録音ではちょっと聴いたことがない。ことに4楽章の推進力はすばらしい。ユニークで面白い演奏だと思う。

1980年12月、ウイーンでの録音。
PR
   Comment(1)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

miumiu bags outlets - miumiu bags outlets

こんにちは、またブログ覗かせていただきました。また、遊びに来ま~す。よろしくお願いします
2012.10.12 Fri 11:22 URL [ Edit ]
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
"好色一代男"、クレンペラー、シューマン"4番" from:http://www.youtube.com/watch?v=zaOe8oL--mg
-08/17(Thu) -
ポリーニ、ショパン"ポロネーズ集" from:quero emagrecer 7 kilos em uma semana
-08/17(Thu) -
河野真有美、"IL CONCERTO VIA LATTERA" from:found it
-08/17(Thu) -
ハンガリー弦楽四重奏団、ベートーヴェン、"ハープ" from:rudolf2006
-08/14(Mon) -
カッチェン、ベートーヴェン、"皇帝" from:yoshimi
-08/01(Tue) -
カテゴリー