忍者ブログ

ムーティ、チャイコフスキー、"2番"

2019.11.30 - チャイコフスキー

ma



ムーティ指揮フィルハーモニア管弦楽団の演奏で、チャイコフスキーの交響曲2番を聴きました(1977年3月、ロンドン、アビー・ロード第一スタジオでの録音)。


このディスク、久しぶりに聴いたけどやはりいいなぁ。
玲瓏な佇まいでありながら、ここぞというところで熱い炎を燃焼させている。
スマートで洗練されているいっぽうで、ロシアの大地なるものの匂いを感じさせてもいる。
また、全篇に渡りこの指揮者独特の歌心に満ちており心地よい。歌心とはフレージングの妙味。抑揚があり、しなやか。そこに匙ひと掬いの感傷が加わる。

ダイナミックにも長けていることは、終楽章のラストを聴いたら瞭然。この曲のしつこさについて昔、井上道義さんが「これでもか、これでもか、う〜、これでもか!」などと言っていたけれど、ムーティの演奏ならば、もっとずっと続いて欲しいと思うのでした。



















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー