忍者ブログ

"好色一代男"、クレンペラー、シューマン"4番"

2017.02.11 - シューマン

ma



井原西鶴(島田雅彦訳)の「好色一代男」を読む。

「生涯で戯れた女性・3742人、男性・725人 色好みの男・世之介の一代記」


500億円もの大金を母親から譲り受けた世之介は、それを明けても暮れても放蕩に費やす。
その放蕩ぶりは、ひとつが2,3ページのエピソードになっている。時系列に並んでいるものの、前後の関連性は薄い。短いルポの集成みたい。

世之介は全国を旅しながら毎晩のように遊興にふける。ときには、一晩に10人以上の女を侍らせる。これを読むと当時はいかに遊郭が多かったかがわかる。

ただ、個々のお話しはまったく色っぽくない。エロを期待していたのに、これは肩透かしだ。濡れ場はほとんどない。
むしろ、琴や三味線、羽子板、浄瑠璃本といった遊び、あるいはお椀に茶漬、雁の板焼きに鰯の干物、といった食事のシーンがふんだんに盛り込まれていて、江戸時代の濃厚な匂いを感じることができる。
そのあたりが読みどころのようだ、悲しいことに。









クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団の演奏で、シューマンの交響曲4番を聴く(1960年5月、ロンドン、キングズウェイ・ホールでの録音)。

これは、ゴツゴツとした手触りのある無骨な演奏。

カップリングの「ライン」は、比較的ゆっくりとしたテンポの悠揚迫らざる演奏だが、こちらは速度は中庸、キビキビザクザクと進む。
弦楽器、金管の音が太い。しっかりと鳴りきっている。迷いなし。見通しは良く、副声部がきちんと聴こえる。
ラストは快速で走りぬける。

全体を通して、精力絶倫のシューマンといった感じ。









ma
 
パースのビッグムーン。








PR
   Comment(2)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - Jane

I am sure this paraagraph haas touched alll thee interrnet users, itts rewally
reallpy fastidious areticle on building up neww webpage.

Ahaa, iits god discussion about this piee off writiing att his place at thi weblog, I ave rea aall that, sso att this
tiome mee also commnting at this place. It iis aopropriate time to makee some plans ffor thee fjture andd it iis time too
bee happy. I’ve read thus post and iff I coud I wish too sugyest youu feww interesting thinmgs
or tips. Perhaps yoou caan writee nedt artiicles referring too tjis article.
I desire too read mre thihgs bout it! http://cspan.org
2017.02.23 Thu 07:08 URL [ Edit ]

無題 - thelincolnagency.com

Aliás, Erick Oliveira irá ensinar práticas para atrair audiência
massiva para seu website de vendas.
2017.02.27 Mon 18:37 URL [ Edit ]
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 3
6 7 8 10
13 14 16 17
20 21 22 24
27 28
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー