忍者ブログ

"マドンナ"、ポップ、シューベルト"歌曲集"

2013.05.18 - シューベルト
 
sc
 
ルチア・ポップ シューベルト歌曲を歌う



奥田英朗の「マドンナ」を読む。

40過ぎの課長が新しく配属された若いOLに恋をする話。
妻子ある身で、こんなことを何度繰り返すのかと思いつつも、心をコントロールできない主人公。
彼女に対する思いは募っていき、やがて部下にもバレることになり・・・。

OLの振る舞いが一本調子で現実味がないように思うが、それは主人公からみた彼女の象なのだろう。盲目になってしまうのだな。











ルチア・ポップのシューベルト歌曲集を聴く。


・わが心に D.860
・流れ D.693
・少年 D.692
・ばら D.745
・蝶 D.633
・ます D.550
・さすらい人が月に寄せて D.870
・独りずまい D.800
・あふれる愛 D.857
・若い尼僧 D.828
・水の上で歌う D.774
・糸を紡ぐグレートヒェン D.118
・漁師のくらし D.881
・泉のほとりの若者 D.300
・シルヴィアに D.891
・幸福 D.433


全体を通してとても情熱的なシューベルトだ。
アーヴィン・ゲージのピアノはここでも手だれの技を聴かせてくれる。

「わが心に」、「糸を紡ぐグレートヒェン」、「シルヴィアに」は、伸びのある高音域が艶やかで、可憐で、淡い色気がにじみ出ていて素晴らしい。
「ます」は、速めのテンポの息遣いが小気味よく、甘い言葉を耳元で囁かれているような快感がある。
「若い尼僧」には、はちきれんばかりの生命力が迸っており、それを羨ましくも思う。
そして「幸福」! ポップの声そのものが幸福感に満ち溢れていて素晴らしい。


限りない喜びは
天国の広間で花開く、
天使たちや変容した人々も
昔の人々が教えたように集まる。
ああ、そこに僕もいて
永遠に楽しみたい!


誰にでも打ちとけて
天国の花嫁は微笑んでくれる。
竪琴が響いては、
皆踊ったり歌ったり。
ああ、そこに僕もいて
永遠に楽しみたい!


だけどそれより僕はここにいたいんだ、
ラウラが僕に微笑んで
視線で、僕に教えてくれる、
僕の嘆きもお終いだと。
だから僕は彼女と一緒に幸福に、
永遠にここに留まるんだ!



1983年10月、ロンドン、アビー・ロード・スタジオでの録音。












PR
   Comment(2)    ▲ENTRY-TOP

Comment

anastrozole for sale no prescription - Akewawok

anastrozole medication http://cefxdtioayw.com - buy generic anastrozole no prescription pmv does anastrozole do
2013.11.15 Fri 16:33 [ Edit ]

buy cheap anastrozole - Atanyod

anastrozole fda label http://sbvoiwndfx.com - order generic anastrozole rtx how to take anastrozole in liquid
2013.12.08 Sun 19:45 [ Edit ]
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 13
15 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー