忍者ブログ

宮城阿房列車、ボストリッジ、"美しい水車小屋の娘"

2014.05.18 - シューベルト


so



ボストリッジのテノールと内田光子のピアノでシューベルトの「美しい水車小屋の娘」を聴く。

この音楽をシューベルトの数ある名作のなかでもっとも愛する。

語り口が優しいシュライアーの数々、この上なくリリカルなヴンダーリヒ、激情を爆発させるヨゼフ・プロチュカ、小川のようになめらかなプレガルディエン、はちきれんばかりの若々しさを湛えたアライサ、等々。いとおしい歌唱がいくつもある。

その中で、ボストリッジの歌はそれらのどれとも異なる。
彼は楽譜と歌詞を丹念に読み込み、ひとつの音たりとも手を抜かず、全力投球でこの音楽に真正面から立ち向かっている。
考えられる限りの技巧を尽くしているし、声も綺麗だ。強いて言うなら、ディースカウのスタイルに似ているかもしれない。とても完成度は高い。

にも関わらず、聴いたあと、しっくりと心に沁みない。
聴いていてストレスを感じるのだ。
さまざまな技巧を駆使すればするほど、緊張感を強いられる。彼自身が、大変なストレスを感じながら歌っているのではあるまいか。それがこちらにも伝わってくる。

とてもいい演奏ではあるけれど、上記の理由から、あまり繰り返し聴く気にはならないのだ。今のところ。


2003年12月、ロンドン、リンドハスト・ホール、エアー・スタジオでの録音。







内田百閒にならって列車の旅。

今回の旅は、福島、仙台、盛岡のルート。
昼間はひたすら列車に乗り、夜はただ呑む。地元の人と呑んで、震災後の話を聞く。

二日目のルートは郡山~福島~仙台。全部普通列車。
いずれもボックス席ではなかったので、旅情は薄かった。



ma
 
これで福島へ。



ma
 
これで仙台へ。



ma
 
朝市場。



ma
 
コボスタジアムで楽天対オリックス戦を観る。



ma
 
屋根のない球場は、やはりいい。



ma
 
スコアボード。



ma
 
ケネディ駐日大使の始球式。



ma
 
牛タン弁当。



ma
 
オリックスの先発は西。いま一番の注目株。



ma
 
楽天の先発は川井。



ma
 
熱狂する楽天ファン。
試合は、投手戦をオリックスが2対1で制した。



ma
 
地下鉄南北線。

国分町のバーのマスターにはいろいろと話をしてもらった。マスターは福島のいわき出身。その笑顔からは、震災の傷跡はみえない。
「美味しんぼ」の件については静観していた。「そういうこともあるかもしれませんねえ」と。
小学館は政府から圧力をかけられたのだろう。これが言論の弾圧でなくて何であるか。







PR
   Comment(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - kawazukoyoshi

野球観戦も、よし。
内田光子、また、よし。
ふふ
五月は素晴らしい。
好い曲が出来れば、もっと美しい。
はは
今日もスマイル
2014.05.19 Mon 17:24 [ Edit ]

kawazukoyoshiさん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

プロ野球の交流戦が始まりましたね。
例年パリーグが強いですが、今年はどうなるか。
楽しみです!
2014.05.21 12:46
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
4 6 7 9
12 14 15
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー