忍者ブログ

フレミングのシューベルト名歌曲集

2006.07.30 - シューベルト
フレミング

フレミングとエッシェンバッハ/シューベルト名歌曲集


埼玉はまだ梅雨明けはしていないようだが、今日はまあまあの快晴。
日差しは強いけれど、涼しい風が吹いてきてなかなか快適。
ここ数年の夏は暑すぎて閉口だけれど、このくらいの気温で夏をすごせればいいなあ。


このCDは、題名通りシューベルトの有名な歌曲を集めたものである。
シューベルトのオールスターといえよう(ナンノコッチャ)。

フレミングは、元々アメリカのオペラハウスで活躍していたヒトで、シューベルトのリートの録音はこのCDが始めてであるらしい(といっても、もう十年くらい前のことだが)。
だからであろうか、とても豊満でドラマティックなシューベルトである。時には、脂の乗った声を豪勢に披露し、また時にはとても可憐に囁く。
F=ディースカウのシューベルトが男の悲哀であるとしたら、フレミングのそれは女の野望といったところか!?
エッシェンバッハのピアノは、リズムを重視した弾き方。相変わらず弱音が綺麗である。

1曲目の「野ばら」はあまりにも豪勢でオペラティックなものだったので、ちょっとひいてしまったが、「春に」はいい。抒情とほのかな艶があふれている。素晴らしい名唱とピアノである。

これは今年イチオシの癒し系音楽。





★古典音楽blogランキング!

★クラシック音楽ブログ集

★にほんブログ村 クラシックブログ




無料メルマガ『究極の娯楽 -古典音楽の毒と薬-』 読者登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。




登録フォーム



解除フォーム



PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1
4 6 8
14 15 16 17
19 20 22 23 24
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー