忍者ブログ

ビルスマと仲間たち、シューベルト"弦楽五重奏曲"

2020.01.16 - シューベルト

gr



アンナー・ビルスマと仲間たちによる、シューベルト弦楽五重奏曲を聴きました(1990年11月、ニューヨークでの録音)。


これは、世にも崇高な音楽。
バッハの『マタイ』、モーツァルト『フィガロ』、ベートーヴェン『後期弦楽四重奏群』。あるいは、『マイスタージンガー』。確かに、偉大。
でも、このシューベルトには水が滴るようなセンチメントがあるのです。そこは、チャイコフスキーに通じているかな。


ヴェラ・ベス(ヴァイオリン)
リサ・ラヴテンバーグ(ヴァイオリン)
スティーヴン・ダン(ヴィオラ)
アンナー・ビルスマ(チェロ)
ケネス・スロウィック(チェロ)


例えば、マタイは演奏を選ばないところがあるけれど、この曲は下手な弾き手にかかるとボンヤリするところがある。その点、この演奏はたいへん引き締まっており、最後まで緊張感を途切らせない。
テンポの変化は適度にあるものの、流れがいたって自然であり、浮き立つように楽しい。こんな音楽を奏でられたら、どんなに愉快だろうと思う。

浮世を忘れさせてくれるものが芸術だと考えます。



















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
10 11 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー