忍者ブログ

シュトゥッツマンのシューベルト「白鳥の歌」

2007.03.21 - シューベルト

毎年この時期に開催される「都民芸術フェスティバル」に今年は行っていなかったなあと思い、二日酔いの体にムチを打って、あわよくば当日券を入手できるのではと淡い期待を秘めて池袋へ駆けつけたが、玉砕。
大友直人と小山実雅恵があの値段で聴けるのならみんな行くわな…。久々に日本のオケを聴くというささやかな夢は、また先延ばしである。


昔ほどFM放送を聴かなくなったが、NHKは時々、大変魅力的なプログラムをこっそり流しているので、油断してはいけない。
私にとってそれは今週月曜日にやられたナタリー・シュトゥッツマンの演奏会であった。この番組は開始時間が19:30と早いので間に合わないことが多く、涙を呑むことも少なくないが、今回はたまたま家にいたのだった。とはいっても当日は録音の準備をして、おもむろに「東京タワー」の最終回なぞを観ていたので、聴いたのは今日になってしまった。

シューベルトの「白鳥の歌」は彼が編んだ歌曲集ではなく、彼の死後に後年の人が編集したものであって、当初は「レルシュタープの詩による歌曲集」と「ハイネの詩による歌曲集『帰郷』」、そしてザイドルの「鳩の便り」という3つに分かれていた。それぞれを独立してプログラムを組む歌手も少なくなく、F・ディースカウの最後の来日公演なんかではハイネのものだけで構成されていた。シュトゥッツマンのリサイタルでもそれを踏襲していて、最後のザイドルはアンコールとして歌うというような、いささか凝った組み立てのプログラムだったようだ。
彼女の歌は、わりと恣意的にシューベルトを解釈したもので、勢い重視という感じ。彼女は女声としては一番低い部類になるコントラルトの声の持ち主だが、低さ=重さというイメージとは離れた、ある種の軽やかさがある。それは随意にテンポを変え、強弱のダイナミクスを大きくとった結果そのように聴こえるのだろう。すごく起伏の激しいシューベルトであって、特にハイネの詩による「都会」、「海辺で」、「影法師」では、後期のシューベルトでときどき顔を出す悪魔的な表情がほのかに見えるようであった。スタジオ録音ではこういうやり方をしなかったであろうと思うと、このリサイタルの価値があるというものだ。

シュトゥッツマン

それにしても、シュトゥッツマンの容貌といい声といい、私はそれに強い母性といったものを感じるのである。なんというか、強い女性に包まれるような安心感を感じるというか。一度でいいからこのヒトに叱られてみたいものである。



PR
   Comment(2)   TrackBack(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - Niklaus Vogel

吉田さん、こんばんは!
「都民芸術フェスティバル」懐かしい響がします!
中学生のころ、友人と秋山和慶&東響による演奏会に行きました。シベリウスの第2交響曲にふたりとも感激した覚えがあります。
ごめんなさい、シュトゥッツマンのことはほとんど知りません。かつて、シューマンの歌曲の録音を聞いたはずですが、そのカッコいいジャケット写真に見惚れてた記憶ばかり…(笑)。
2007.03.21 Wed 22:00 URL [ Edit ]

Re:Niklaus Vogelさん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

「都民芸術フェスティバル」はたまに足を運んでいます。料金がリーズナブルだし演目はオーソドックスなので、毎年行きたいところですが、油断しているといつのまにか終わっています。時の経つのは早いものです。今年も行こうと思いつつ、気がつけばあと1回になってしまいました。
シュトゥッツマンのシューマンは私も聴きました。かゆいところに手の届く歌を聴かせてくれます。うまい歌手ですね。
2007.03.21 22:41

無題 - sweetbrier

こんばんは。私もこの放送を録音しました。吉田さんの今日のエントリーは、そのライナー・ノートにさせていただきます(写真付だ♪)。
また、拙ブログにコメントありがとうございました。今日はそのエントリーに感想を追記してTBさせていただきました。

> シュトゥッツマンの容貌といい声といい、私はそれに強い母性といったものを感じるのである。

同じくです。私には「古い時代の国母」みたいな…命預けて安心なような、怖いような。
2007.03.22 Thu 01:28 URL [ Edit ]

Re:sweetbrierさん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

TBありがとうございます。
sweetbrierさんが月曜の夜にこの放送の記事を書いていらしたので、私も書こうかと思いました。
シュトゥッツマンは、ちょっと見た目が怖そうではありますが、歌には深い愛情がこめられているようで、堪能しました。生で聴いてみたいと思いました。
私もトラックバックさせていただきますネ。
2007.03.22 23:24
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →

コントラルト

気ままに書いていくつもりのブログ、ほんとに気ままにサボっていたら、あっという間に1週間が過ぎてしまいました。先週はずっと寒かったけど、レンギョウ、ユキヤナギの花が次々に開き、オオシマザクラもチラホラと。時間は止まってくれません〜。 写真を撮りたいけれど、カメラは卒業旅行のお供に出ちゃいました。未成年なのに、団体でエステつき温泉ホテルとは。勉強一筋で休みなく走った1年間の禁欲生活、確かにエラかった。17年かそこらの人生で1年だもの。長かったね。気の合う(嗜好の合う?)友達も団体券買えるほどできたし、幸せな...
Partita 2007.03.22   01:16
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
4 6 7 9
12 14 15
19 20 22
25 26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー