忍者ブログ

ヴァンスカ、シベリウス"5番(1919年改訂稿)"

2017.02.25 - シベリウス

ma




ヴァンスカ指揮ラハティ交響楽団の演奏で、シベリウスの交響曲5番(1919年改訂稿)を聴く(1997年6月、フィンランド、ラハティ、クロス教会での録音)。

このディスクには、2種類の異なった5番交響曲が収録されている。1915年の初稿版と、1919年の改訂版である。一般に聴かれているのは後者。私は初稿版を初めて聴いた。
この曲にそれほど親しんでいるわけではないけれど、おおまかな違いはわかる。初稿版は、荒削りでダイナミック、ときおり前衛的な響きが聴こえたりして面白い。
ただ、全体の仕上がりは改訂稿のほうが滑らかでまとまりがある。よって、何度も聴くにはこちらを取りたい。

ヴァンスカの演奏は、相変わらず切り込みが鋭い。ビターな響きはまるで厳しい自然をあらわしているよう。
ざわざわとうごめく弦楽器、おおらかなホルン、泡がはじけるような木管楽器、野太いティンパニ。どの楽器もいきいきとしている。
ブルックナーばりに息の長いコーダは、じつに雄渾。







ma
 
パースのビッグムーン。







PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー