忍者ブログ

"苦役列車"、アサートン、"浄夜"

2013.06.29 - シェーンベルク

sc

シェーンベルク:室内楽作品集




西村賢太の「苦役列車」を読む。

これは日雇いの港湾荷役で生計をたてる19歳の少年の話。
日々の給料はすべて酒と風俗に使ってしまい、文字通りその日限りの生活を送っている。家賃を滞納しては、引っ越しを重ねる日々。
そんな彼の前に友達と言えるような男が現れた。彼を飲酒に風俗に連れまわす。合コンをしたいがために彼の女と食事を共にすることに成功するが、結局大学生の彼女を罵倒し、彼との関係も破綻する。

これは著者の私生活を生々しく描写した私小説ということだ。若者のやるせなさとあきらめがじわじ
わと感じられるが、読むのにつらくはない。厳しい生活をあっけらかんと描いているからだ。













アサートンの指揮でシェーンベルク「浄夜」を聴く。

これはオリジナルの弦楽六重奏版。この編成で指揮者がいるのかどうか。私にはわからないが、ライナーにはそう謳っている。
オリジナル版でこの曲を聴くのは、ラサール四重奏団その他の演奏以来であるが、このロンドン・シンフォニエッタの演奏もいい。

ひとつひとつの楽器、そしてフレーズが明瞭に聴こえる。そして情感が濃い。だから、さわやかな聴き心地でありながら、濃厚なロマンティシズムも味わうことができる。
ラサールの演奏は、明瞭さは同じであっても、もっと冷静でひんやりとする手触りがあるものだった。それに対し、アサートンのは熱い血潮の脈をリアルに感じることのできる演奏だ。

このような演奏を聴くと、「浄夜」はオリジナルで聴くのほうが面白いかと思う。




1973年10-12月、オール・セインツ教会での録音。












PR
   Comment(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

楽器編成が違うと印象も随分変わりますね - yoshimi

こんにちは。
”浄夜”は、オケと弦楽六重奏の両方で聴いてます。(CDはそれぞれ1枚しか持っていませんが)
弦楽版は、ジュリアードSQ&ヨーヨー・マ&トランプラーと、結構豪華な組み合わせです。
弦楽版の方が音も見通しもすっきりとして、旋律と和声がわかりやすいですね。

オケ版はカラヤン/ベルリンフィルの録音で聴いていたせいか、濃密な音のタペストリーで、圧迫されるような濃厚な叙情感があります。(これはこれで結構好きなのですが)

さらに、シェーンベルクの弟子シュトイアマンが編曲したピアノ三重奏曲版もあります。
楽器が少なく、それぞれ音色が違っているので、各パートの旋律が明瞭ですし、音の厚みも薄いので、情感の濃密さや圧迫感がなく、すっきりと爽やかです。

参考までに、ピアノトリオ版の音源がYoutubeにいくつありますが、これが一番音が良いようです。
http://www.youtube.com/watch?v=q9EzUJKJTWU
2013.07.01 Mon 19:54 URL [ Edit ]

なるほど - 管理人:芳野達司

yoshimiさん、こんにちは。

ジュリアードSQ&ヨーヨー・マ&トランプラー、それは豪華ですね。マがいると、なぜかというか、カラッと明るい浄夜になっていそうですね。もっとも、そんな単純なものではないのでしょうが。。
オケ版は私もカラヤンとベルリンフィルの録音でよく聴いています。あれはあれで、コックリとした濃厚さが空間一杯に繰り広げられていて聴きごたえがあります。オケ版では一番印象に残っています。

ピアノ三重奏曲版、そういうものがあるのですね。ピアノが入っているところがクセモノなような。
リンクをありがとうございます。週末に聴いてみますね。
2013.07.02 23:52
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 13
15 17 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー