忍者ブログ

「おじさん」的思考、プレヴィン、パリのアメリカ人

2011.09.19 - ガーシュイン
    
ger

ガーシュウィン「パリのアメリカ人」 プレヴィン指揮ロンドン交響楽団


内田樹の「『おじさん』的思考」を読む。
内田樹が社会の様々な様相について考える。どれもいろいろ示唆に富んでいるなかで、教育について述べた文章は印象的。
「極論すれば、大学教師であるためには『バカであること』は障害にならないのである。『バカであることを恥じている』だけで十分なのである。」
というのは、学びの場を駆動しているのは「知への愛」だからだという。なるほど。
これを勤め人に当てはめてみると、
「仕事ができないことは障害にはならず、仕事ができないことを恥じていれば仕事は回る」
とでも言えるかな。ちょっと無理があるような気もするけど、思い当たる節はないでもない、というか、むしろこういう局面は少なくないように思う。
こういう考え方ができる、あるいはしてしまうのがおじさんなわけで、それはいいことなのか、悪いことなのか。


プレヴィンの「パリのアメリカ人」、これは1回目の録音で、ロンドン響を振った演奏。
曲全体をわし掴みにしたような大柄なフォームに、豊満で色彩豊かな響きがまんべんなく色塗られていて、なんともゴージャス。
休日の昼下がりにまったりとこの音楽に身を浸せば、心はパリかアメリカだ(どっちだ)。
「パリのアメリカ人」に関しては、このロンドン響のがあればじゅうぶんという気が、今はする。後にピッツバーグと再録音した演奏は聴いていないが、どんなものだろう。


1971年6月、ロンドン、アビー・ロード・スタジオでの録音。
PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 8 10
13 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー