忍者ブログ

選択したカテゴリの記事一覧

ピノック、紀尾井ホール室内管、モーツァルト"レクイエム"

2020.02.15 - 演奏会

gr



トレヴァー・ピノック指揮 紀尾井ホール室内管・合唱団のコンサートに足を運びました(2020年2月8日、紀尾井ホールにて)。

オール・モーツァルト
交響曲40番
アヴェ・ヴェルム・コルプス
レクィエム
 ソプラノ:望月万里亜
 アルト :青木洋也
 テノール:中嶋克彦
 バス  :山本悠尋

合唱の扱いの巧さにおいて、ピノックはショルティに並ぶ指揮者だとかねがね思っていて(もっともショルティの合唱モノはCDでしか知らないのだけど)、何年か前に聴いたロ短調ミサは凄かった。今までに体験した合唱とはひと味もふた味も違うもので、軽い衝撃を受けた印象がある。今回も期待通り。ピンと張り詰めた山の空気を思わせる清澄な響きに、汚れた心が洗われるようでした。ソロもみな安定していたし、青木さんのアルトは久しぶりに聴いたけど、やはりいいな。
モツレクはジュスマイアーの補筆によるものでしたが、やはり後半は弛緩する。初演時からあったとはいえ、この曲はラクリモザまででいいのじゃないか。

シンフォニーは、中くらいからいくぶん速めのテンポを基調としたもの。モダン楽器を使用していて、ピリオド奏法はあまりキツくなかったせいか、古楽のアプローチでありつつ、適度な贅肉がついたモーツァルトであるように感じられました。
編成は8型のヴァイオリン対抗配置。

ピノック、今度はメサイアをやってくれないかな。




















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
10 11 14
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー