忍者ブログ

志賀信雄指揮 東京ルフトアンサンブル演奏会

2014.02.11 - 演奏会
ma




この指揮者の経歴はいささか変わっている。
ベルリン芸術大学コントラバス科を卒業後、ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団を経てNHK響に入団。桐朋学園大学講師、国立音楽大学で教鞭をとるかたわら、多摩美術大学に入学して絵画を学び、数々の美術コンクールで入賞している。


シューマン 交響曲1番「春」
シューマン 交響曲3番「ライン」


この多才な男は指揮棒を持たず、最低限の動きで分かりやすく簡潔な指示を出していた。

「春」は全体的に速めのテンポ。てらいのない流れが心地よく、あっという間の30分だった。
ラストはホルンとフルートが輝きを放ち、高揚して締めくくった。

「ライン」は「春」よりも難易度が高いと思うが、安定感のあるバイオリンを軸に、生き生きとした音楽を聴かせた。
ことに2楽章の、しっとりとした優しい風のような響きは、アマオケの水準を超えるものだったと思う。

このオケとの出会いは、埼玉県に住んでいた頃。所沢のミューズでブラームスの二重協奏曲を聴いて以来。
今時はアマオケでも500円から2000円くらいのチケットが必要だが、この東京ルフトは無料で事前の申し込みも不要。
それでいて高い質の演奏を聴かせてくれる。

本当はあなたにも教えたくないのだけど、私がどうこうしなくとも、口コミで徐々にブレイクするに違いない。
 


2014年2月11日、東京、杉並公会堂にて。







ma
 

海辺。









PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 8 10
13 16 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー