忍者ブログ

選択したカテゴリの記事一覧

ツィメルマンの東京公演 -芸術劇場から-

2006.10.12 - 演奏会(映像、音源)
ツィメルマン

クリスティアン・ツィメルマン(2006.5.20/6.2 サントリーホール)

日本ハムがソフトバンクに勝って、日本シリーズ進出。
劇的な幕切れであったが、札幌ドームでも試合ということもあって、終始流れは日ハムにあったようだ。シーズン前に、誰が日ハムの優勝を予想したことだろう。


さて、ピアノ・リサイタルから。
NHKの放送から、2週間近く遅れての記事。
ビデオに録画して、やっと観た。もったいないから観なかったわけでは
ない。映像付きだと、なにか構えてしまうのである。

ツィメルマンは好きなピアニストであるので、これは楽しみであった。
モーツァルトの10番(K.330)とベートーヴェンの8番(悲愴)は、テンポの変化が多くて情感をたっぷり出した演奏。ひとつひとつの音は粒だっているし、強奏でも音は濁ることなく澄んだ響きを聴かせてくれるが、歌いまわしはとてもねっとりとしたピアノである。
古典派の演奏としては少し違和感があるかもしれないが、生で聴いたら、きっと感銘を受けただろうと思う。堂々と引き崩してはいるが、流れを損なうことのないセンスを感じる。ただ、全面的に賛同できる解釈ではなく、いささか挑戦的な解釈にも思える。
ラヴェルの「高貴で感傷的なワルツ」でも、崩した演奏であるが、モーツァルトに比べると違和感はなく、むしろ退廃的な感触を色濃く出しえている演奏だと思った。フランスの香り漂う、というよりも、音色と細かなテンポの変化の綾で聞かせる演奏。

最後のガーシュインの前奏曲は、ラヴェルのあとなだけに、雰囲気がハマっていた。沸き立つようなリズムと、暗い酒場にいる雰囲気の表出になんだかゾクゾクする。
実際の演奏会では、この曲順だったのか定かではない。

それにしても、このピアニストの技巧はすごい。このリサイタルを聴いた限りだと、ほとんどミスはなかった、どんなにうまいピアニストでも、これだけの曲をライヴでやったら、はっきりと音をはずす部分が聴こえるものだが、ツィメルマンは概ねノーミスで弾き切ったように思う。
それは、安定したテクニックに加えて、自身の感性と、肉体とに矛盾がないということが大きな要因ではないだろうか。




★音楽blogランキング!

★にほんブログ村 クラシックブログ




無料メルマガ『究極の娯楽 -古典音楽の毒と薬-』 読者登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。




登録フォーム



解除フォーム




PR
   Comment(1)   TrackBack(1)    ▲ENTRY-TOP
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
10 11 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー