忍者ブログ

選択したカテゴリの記事一覧

セルのロッシーニ「序曲集」

2007.09.19 - ロッシーニ
szell

ロッシーニ 序曲集 セル指揮クリーヴランド管弦楽団


ロッシーニの序曲ときいて思い出すのは、村上春樹の小説の主人公がスパゲッティを茹でながら聴いていた、アバドの「どろぼうかささぎ」。曲もいいけれど、アバドのロッシーニは躍動感があっておいしい。音もいい。休日の昼にビールなぞ飲みながら聴くのは最高である。
それからなんといってもトスカニーニ盤。今持っているのは、何年か前に1000円で購入したものだが、選曲といい、モノラルながら冴えた録音といい、これ以上望むのは難しいくらい、弾んだ演奏。
そしてセルの演奏を聴いてみる。イタリア人ではないながら、同じヨーロッパ人ということは、津軽三味線を関東人が演奏するようなノリではなかろうか。違うのだろうな。そのへんはよくわからない。
ロッシーニとはいえ、セルの演奏は相変わらずキッチリしている。ロッシーニ特有のアッチェレランド、クレッシェンドの箇所ではぐいぐいとおしてくるものがあるが、トスカニーニたちとはなにか違う、堅苦しさがほの見える。
ぎこちないというか、理詰めというか、自然な勢いという感じではない。だからもうひとつ乗り切れない。
ただ、アンサンブルと個々の技量は最上なので、聴き応えはたっぷりとある。録音は少々硬い。
トスカニーニやアバドの演奏が休日の昼ビールならば、セルのは部屋でじっと飲むお茶であろうか。
そうでもないかな。
PR
   Comment(1)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
10 11 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー