忍者ブログ

ブランカールとアンセルメのラヴェル「ピアノ協奏曲ト長調」

2009.12.12 - ラヴェル

ra

ラヴェル ピアノ協奏曲 ジャクリーヌ・ブランカール(Pf) アンセルメ指揮スイス・ロマンド管弦楽団


長嶋有の「サイドカーに犬」を読む。
小学校のときの夏休み。母親が家を出て行き、入れ替わりに見知らぬ若い女と男たちが家にやってくる。父親は男たちを率いて会社を始めたらしいが、なにをやっているのかよくわからない。
女は私たち姉弟の面倒をテキトーにしてみてくれるし、いつも部屋でマージャンをしている男たちはときどき弟をプラモデル屋につれていってくれたりする。なぜ母親がいなくなったのか判然としないが、やがて慣れてくる。
そんな夏の終わりころ、女がいるところに母親が帰ってくる。自宅で繰り広げられる修羅場。それを察知した父親は逃亡し、やがて強盗の罪で逮捕される。
ショッキングで不思議な夏休みを軽やかな筆致で描いていて、昔はよかった的な懐かしさを感じる作品である。


ラヴェルのふたつのピアノ協奏曲は、番号がついていないし同じくらいの演奏時間だしどちらもジャズ風な手法の風味があるのでまるで双子の兄弟のようだ。
どちらをとるかといわれれば、少し迷ってト長調をとるかな。題名を知らないでCDを聴いたら左手だけで弾いているとは思えないニ長調もいいけれど、ト長調の楽想の豊かさと展開の速さの魅力には抗しがたい。
いままでこの曲の演奏をいくつか聴いたけれど、これぞというCDにはまだ出会っていない。ミケランジェリとグラチス、フランソワとクリュイタンス、アルゲリッチとアバド、それぞれ有名な演奏だけれど、帯に短したすきに短しというか、スパッと腑に落ちるわけでもない。この3つに共通するのは、録音がいまひとつなこと。ことにミケランジェリのものは、録音が良ければだいぶ違う印象になるのじゃないかと思う。
じゃあどんな演奏がいいんだよ、と言われても実はよくわからない。イメージがわかない。自分にとってラヴェルのこのコンチェルトはそういう曲なのである。
このアンセルメ盤はさきにあげた演奏に肩を並べる演奏である。ことに、オーケストラがいい。管楽器がしっかり鳴っていて立体感があるし、とても色鮮やかだ。いきいきしていて鮮烈で、楽しそうに演奏していると想像する(ホントはどうかわからんが)。
オーケストラに関して言えば、いままで聴いた中ではトップクラス。ステレオならばさらにひきたっただろう。
ブランカールというピアニストは初めて聴いた。ケレン味のないオーソドックスな弾きぶりでどっしりと安定感がある。2楽章でのたっぷりとした情感はすばらしい。高貴な佇まいがある。この楽章の最高の演奏のひとつかも。ただ、両端楽章ではもう少し軽やかなスピード感があったらいいなと感じた。
アンセルメは最初の鞭の一発で勝負を決めた。


1953年6月、ジュネーヴでの録音。
PR
   Comment(1)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま お早うございます〜

お読みの小説、シュールな感じがしますね〜、
子供を道連れの無理心中が多いですよね、しかも若い女性の〜、こういう家族なら、そんなことはしないでも済みそうな感じもしますね〜。

ラヴェルのピアコン、どちらも超難曲で有名です、管楽器は壮絶技巧を要求されます、ラヴェルの曲の中でも一番難しいものですね〜。

アンセルメ指揮のスイス・ロマンド、ご紹介ありがとうございます(私がお礼を言うのは変ですが、爆〜)。この廉価盤シリーズ、きっとすべて購入していると思います。音が非常に良くなっていること、それとオケのキラキラ感、今では味わえない演奏ではないでしょうか〜。

ピアニストではアントルモンの演奏が良かったように思います。オーマンディ師・フィラデルフィアの伴奏です。HMVはなかったですが、アマゾンでは、アルファベットで入力すると、安いものが出てきました〜。
機会があれば、是非〜。

ミ(`w´彡)
2009.12.13 Sun 08:01 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、こんにちは - 管理人:芳野達司

いつもコメントありがとうございます。

長嶋の本、おもしろかったです。家族の不和を軽やかな筆致で描いていて、おもしろかったです。
併録は芥川賞をとった作品らしいですが、いま読み始めているところです。

ラヴェルのピアコンは超難曲ですか。いつも思うのですが、聴いているだけではわからないものです。
このエロクアンスシリーズはアンセルメの演奏を始め、今廃盤になっているものが続々と復活しているし、かつ安価なのでいろいろ買っています。このCDもすばらしいです。
ラヴェルはアントルモンがよいですか。いつか聴きたいですね。
2009.12.13 22:19
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 8 10
13 16 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー