忍者ブログ

ジュリーニのラヴェル「マ・メール・ロワ」組曲

2010.08.22 - ラヴェル
   
gi
 
カルロ・マリア・ジュリーニ指揮 ロスアンジェルス・フィル



河童橋。
上高地の見どころのひとつであり、たくさんの人で賑わっている。橋そのものは、それほどたいしたものではないように思ったが、まわりの景色がすばらしい。
うしろに見えるのは穂高連峰。登山者の垂涎の的であるらしく、これから挑戦するらしい重装備の人をみかけたが、軟弱なわれわれの終点はこの橋なのである。

kappa


芥川の小説の舞台になった橋。読んでおけばよかったな。

kappa



「アメリカのジュリーニ」、第4弾。
ジュリーニは「マ・メール・ロワ」を得意にしていたようで、オーケストラを替えて3回録音しているし、来日公演でも取り上げている。
この録音でも、ロス・フィルの乾いた音色を生かした、鋭敏な響きを聴くことができる。木管楽器はとてもスマートであるし、弱音器をつけた弦楽器もしみじみ美しい。
終曲の「妖精の園」は、弦楽器による出だしから感動的。ソロ・ヴァイオリンに涙がちょちょ切れる。
アドリブを許さないジュリーニの、計算され尽くした人工的な技がうまくはまっている。どこかをつついたら壊れてしまいそうな神経質な音作りが、ラヴェルの音楽によく合っていると思う。


1979年11月、ロス・アンジェルス、シュライン・オーディトリアムでの録音。
PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー