忍者ブログ

ベームのモーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」

2007.09.09 - モーツァルト

mozart

モーツァルト 交響曲集 ベーム指揮 ウイーン・フィル


いつのまにか阪神が首位。もし、このままいけば、一昨年以来、2年ぶりの優勝ということになる。
ただ、首位から3位まで1.5ゲーム差しかないのでまだまだわからない。それにしても、今期は両リーグとも突出して強いチームがないのは、クライマックス・シリーズ導入の影響が強いと思わざるをえないところだ。
あたかも3位に入ることがペナント・レースのゴールみたいな雰囲気に満ちている。3位以内にはいる算段ができれば、あとは短期決戦に備えればいい、といったところか。
よくいえば3者の力が均衡した戦いとも言えるが、弛緩していると見えなくもない。
プロ野球がもうひとつ盛り上がらないのは、いろいろな要因があるのだろうけど、こうしたことも原因なのかも…。


ベームのアイネ・クライネは、まずゆっくりとしたテンポがいい。ウイーン・フィルの弦楽の楽しさを満喫できる。密度の濃い、木の香りのする音を聴くことができる。
音の味わいということでは、戦前にワルターやクラウスやフルトヴェングラーとやったものが素晴らしいことは言うまでもないけど、70年代にしてこの音が残っていることを確認するのに、この演奏はふさわしい。

テンポのゆっくりさは、最終楽章に極まれる。ズッコケそうになるくらい遅い。それはクナッパーツブッシュが演奏したベートーヴェンを連想させるけれど、あれほどのケレン味は感じない。わざとらしさはないように思う。たぶん、ここでは指揮者は至ってマジメに演奏していることだろう。

テンポを遅くすればスケールが大きくなるということが往々にしてあるけれど、ここでも例外ではない。実におおらかで大きいモーツァルトだ。アイネ・クライネでスケールの大きさを強調してどうなるのだということはあるにせよ、なんというか、不思議な落ち着きを感じさせるモーツァルトで、これはなかなか。
巨匠ならではの技を感じないではいられない面白い演奏であった。
PR
   Comment(1)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま お早うございます。

ベームの晩年の演奏、本当に得難いものでしたよね、確か来日して演奏した、交響曲第29番だったしょうか、ものすごく遅いテンポで、ビックリしたものでしたが、その演奏の素晴らしかったことも思い出しています。

この「アイネ・クライネ」は未聴です、きっと来日公演と同じような演奏なのでしょうか。こういう演奏、最近聴かれなくなりましたね~

ミ(`w´彡)
2007.09.10 Mon 07:00 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

コメントありがとうございます。

私はベームの生演奏を聴くことができませんでしたが、75年の来日公演などを観ると、もうスゴイの一言ですね。もう少し早く生まれたら行けたかもしれません。ベームは録音が多いので、残されたディスクを楽しむことにします。

この「アイネ・クライネ」は遅いです。軽快さを期待すると裏切られますが、これはこれでいい演奏でありました。
2007.09.12 12:09
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 13
15 17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー