忍者ブログ

カラヤンのモーツァルト 「リンツ」

2006.11.07 - モーツァルト
カラヤン

カラヤンBPO/モーツァルト「リンツ」


「音楽療法」というものがある。
以前から、少し気にしていたが、まともに読んだことはない。
本屋でパラパラとページをめくると、なんだか小難しそうな雰囲気があったからである。
「音楽」とはいえ、「療法」なのだから医学に首を突っ込んだジャンルである。難しいのは仕方がない。もっとも、音楽だって楽典の本は小難しいものだ。
しかし、「音楽療法」って、ホントに使えるのかな?
それがたとえ科学的に証明できないとしても、それが信頼できない原因とはならないのだが、なんか、楽をして体や心を直すなんてことの都合良さがどうもひっかかる。1冊たりともまともに読んでいないので、こんなことをいうのは恐縮であるが、世に出ている本を眺めていると、特にモーツァルトはいいとされているようだ。胎教には断然モーツァルト!
モーツァルトを聴けばアタマが良くなる!
本当なのかなあ?
何故こういう疑問を持つかといえば…。

どうして私はこんなに愚かなのだ!

と大声で言いいたいわけだ。

そりゃ毎日モーツァルトを聴きながら育ったわけではないが、週に1、2曲はこっそりと聴いているので、日本人の平均点を上回ると思っている。
本人の資質が決定的に悪いと言われれば、グウの音も出ないが…。
そういう資質を問われると何も言えないので、ちょっと考えをかえよう。
もしかしたら音楽には、食べ物と同じように、食い合わせ、ならぬ聴き合わせというものがあるのだろうか?
「ジュピター」を聴いた後にチャイコフスキー、ことに「悲愴」なんかを聴くと、体に良いどころか、かえって気分を悪くするとか。
「火の鳥」の次に「ピアノ協奏曲第17番」を聴くと腰が痛くなるとか。
音楽療法という治療が有効であるとすれば、逆に作用するものもあるはずである。
ヒトにとってマイナスになる音楽の組み合わせもあるのではなかろうか。
そんなことを考えていると、なにが良くて何が悪いのか、いや、考えなくても全然わからない。

それにしても、気になる「音楽療法」。
これを極めれば、すごく楽しい人生が開けるのだろうか?
でもやっぱり、読まないだろうなあ。

カラヤンの「リンツ」。
大編成のモダン楽器で迫りまくる。なにもかもが分厚く武装されたような音である。
豪奢な柔らかい音でお腹一杯。これなら、コンサートのトリでも充分だ。

エッシェンバッハの弾くソナタとこれではあまりに佇まいが違うが、音楽療法的にはどうなのだろう?
ま、いいか。




★音楽blogランキング!

★にほんブログ村 クラシックブログ




無料メルマガ『究極の娯楽 -古典音楽の毒と薬-』 読者登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。




登録フォーム



解除フォーム




PR
   Comment(2)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま
モツアルト効果というのは、アメリカ人が言いだし、アメリカ人によって否定されたようですよ。私も、長年モツアルトを聴いてきましたが、少なくとも効果があらわれているとも思いません、残念ながら。カラヤンのモツアルトって懐かしいですよね
2006.11.08 Wed 15:07 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

そうでしたか、音楽を聴いて体とか心がよくなるというのは、夢のようで、特にモーツァルトを聴いていればいいなんていうのは、贅沢で楽でいい療法だなと考えていました。
すこしがっかりではありますが、まあ、そんなところでしょうか(笑)。
カラヤンの演奏ですが、分厚くて流麗な演奏です。ここ最近の時流には全く乗っていませんが、久しぶりに聴いてみるとさすがの貫禄でした。
2006.11.09 00:33

無題 - ピースうさぎ

カラヤンの「リンツ」は1970年代のEMI録音のものを今日買ってきました。
いいですねえ。
弦がゴージャス。弦のテンポが木管の刻みについていっていないようなところもありますが、そこはカラヤンの音楽で包めとられてしまいます。。。

私は鬱がひどい時はモーツァルトしか聴けなかった時がありますが、音楽で病気が治ったと言う感じではないですね。
気は紛れましたけど。
まあ、音楽療法というのは、どうも私には眉唾っぽい印象がありますが。
2006.11.08 Wed 15:33 URL [ Edit ]

Re:ピースうさぎさん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

EMI録音もいい演奏です。カラヤンの豪奢で厚みのある音楽は、70年代に一層表れていたかもしれません。
DGとEMIとでは、録音の質もだいぶ違いますね。

鬱なときに、何が効くかを考えています。音楽で鬱が解決できれば、一石二鳥というか、こんなにありがたい話はないのですけど、やはり進捗がはかどりません(笑)。
「療法」と言ってしまうと大げさですし、その真否は私の手には負えない仕事になります。何か、そのときの気分に合った音楽があって、それを聴けば気分がよくなるという程度のものであれば何かあると思うのですが、自分向けのものですら、まだはっきりしていない状況です。
2006.11.09 00:43
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 13
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー