忍者ブログ

ある日の雨上がりに、クリヴィヌ、"ジュピター"

2013.10.26 - モーツァルト

ma

 



クリヴィヌの指揮でモーツァルト「ジュピター」を聴く。

パリっとした絹糸で丁寧に編みこんだ、しっとりしたネクタイのような肌触り。
同じモダン楽器を使用しても、先日に聴いたビーチャムの古色蒼然としたスタイルとは違い、こちらはとてもスマート。
楽器編成は比較的大きいと思われるが、サンサンブルが精密なので締まって聴こえる。

クリヴィヌは元々はパガニーニ・コンクールにも出場するヴァイオリニストだった。それもあってか、特に弦の扱いが緻密。しなやかなうねりがとても心地よい。

カップリングの40番もいい。クールな目線で悲しみを綴る。





エマニュエル・クリヴィヌ指揮 フィルハーモニア管弦楽団
 

1988年11月、ロンドン、セント・ジュード教会での録音。










ma
 

雨を降らせた最後の雲が去って行こうとしていたので、ちょっと追いかけて見ることに。





ma
 

すっごい厚さでモックモクだった。
本当に真下まで行ったら、食べられちゃいそうだったから、ここまでで満足することにして、追跡終了。



















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2 4
6 8 9 11
13 14 15 17 18
20 21 23
26 27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー