忍者ブログ

ギーレン、マーラー"8番"

2016.12.20 - マーラー

ma



ギーレン指揮フランクフルト市立劇場オペラ管弦楽団・他の演奏で、マーラーの交響曲8番を聴く(1981年8月28日、フランクフルト・アルテオーパーでのライヴ録音)。

マーラー8は、クーベリックとシャイーで打ち止めかと思っていたが、今年に入って、ラトル盤、ネーメ・ヤルヴィ盤、そしてこのギーレン盤を聴いて、ああ、この曲も競合盤が多いのだなと、改めて思い知った。

この演奏は、フランクフルトのアルテオーパのこれら落としとして上演されたもの。全曲のタイムは72'10で知る限り、最速である。でも、さほど速さは感じない。聴いてみれば、ちょうどよいテンポだと思う。
1楽章は、流れがよく、推進力が強い。太筆でぐいぐいと勢いよく描いている。当時のライヴ録音のわりには音質は明快であり、込み入った細部の音まで聴きとることができる。歌手はソプラノを始めとして、気合いが入っている。熱気がある。

2楽章の最初はたゆたうよう。一音一音をじっくりと奏でている。やはり、最速テンポとは思えない。どっしりとしている。
法悦の教父のアリアで音楽ははっきり動く。この場面は好きなところで、スティルウェルの声がやや明るいと感じるものの、エステスの瞑想する教父とともに立派。
女声合唱の伴奏のクラリネットの細かな動きが鮮明でハッとする。マリア崇敬の博士は長丁場。健闘している。月光のようなホルンと、哀しみを湛えたヴァイオリンとハープがこよなく美しい。
女声のソリストたちの歌は、みんな適度な色香があり、そして情感がこもっていて、心を動かされずにはいられない。

オーケストラは全体を通して、自然で力みがない。この大交響曲に対して正攻法で挑んでおり、高い力量を示している。
ギーレンの指揮は細部まで目の行き届いたもので、なおかつ大きな太い流れを構築するのに成功しているように思う。


Faye Robinson(sop1)
Margaret Marshall(sop2)
Hildegard Heichele(sop3)
Ortrun Wenkel(alt1)
Hildegard Laurich(alt2)
Mallory Walker(ten)
Richard Stilewll(bar)
Simon Estes(bass)

Figuralchor des Hessischen Rundfunks
Frankfurter Kantrei
Frankfurter Singakademie
Limburger Dom-Singknaben








ma
 
パースのビッグムーン。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 5 6 7 9
11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー