忍者ブログ

ブダペスト四重奏団、ベートーヴェン、"ラズモフスキー2番"

2018.05.23 - ベートーヴェン

ma



ブダペスト弦楽四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲8番「ラズモフスキー2番」を聴きました(1959年11月、ニューヨークでの録音)。

個人的に、いわゆる中期の弦楽四重奏曲のなかでは「ハープ」と並んでこの8番を好んでいます。ラズモフスキー伯爵の依頼によって1806年に作曲されており、硬軟併せ持つ堂々たる大曲です。
どの楽章も素晴らしいですが、2楽章のモルト・アダージョは白眉。ツェルニーが「星のきらめき」と称したとされており、その真偽は定かではありませんが、じつに的を得ているかと。

ブダペストの演奏は切っ先は鋭いものの、硬いわけではない。4つの楽器がしなやかに歌い、ときには軋みますが、常にほんのりとした木の温もりを湛えている。
テンポは比較的まっすぐですが、強弱を柔軟に変化させることで自然な抑揚をつけています。
くだんの2楽章は、ゆっくり目のテンポで慈しむように弾いています。山の湖のように深いコクがある。なんて、滋味深い。
3楽章も面白い。ロシア民謡を引用した中間部が有名ですが、トリッキーなリズムを刻む最初の主題にはシニカルな味があります。

この演奏を聴きながら、初夏の天空を眺めるのは格別でしょう。今日はこちら、あいにくの雨ですが。 
 

ヨーゼフ・ロイスマン(Vn)
アレクサンダー・シュナイダー(Vn)
ボリス・クロイト(Va)
ミーシャ・シュナイダー(Vc)








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー