忍者ブログ

アレクサンダー四重奏団、ベートーヴェン"1番"

2016.10.01 - ベートーヴェン

ma


 
アレクサンダー弦楽四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲1番を聴く(1997年5月、カリフォルニア、ベルヴェデーレでの録音)。

ベートーヴェンの作品18のなかでは、4番がもっとも好きで、次がこの1番か5番、といったところが今の気分。シンプルで快活、若々しくて勢いもいい。

ユニオンでアレクサンダー四重奏団のベートーヴェン全集を入手したので、1番から聴いている。この団体を聴くのは初めて。音程はあっているし、テクニックもじゅうぶん、アンサンブルの精度も高いとみた。

この曲の2楽章は悲劇調。ひとつひとつの楽器が、こみ上げる哀しみを丁寧に歌う。ヴァイオリンの嘆きに、ヴィオラとチェロが呼応するところは美しくて、深い。

スケルツォはいくぶんゆったり目。音に愛情がこもっている。これも素敵な演奏。

フィナーレは快速。個人技と合奏力の両方を問われる曲なので、技術的に難しいと思量するが、見事に弾ききっている。安定感がある。


まだこれと5番しか聴いていないが、どちらも優れた演奏なので、これからがとても楽しみ。



フレデリック・リフシッツ(ヴァイオリン)
ゲ・ファン・ヤン(ヴァイオリン)
ポール・ヤーブロウ(ヴィオラ)
サンディ・ウィルソン(チェロ)












ma
 
屋根の上のパーティ。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:bandar adu ayam terpercaya
-07/21(Fri) -
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カテゴリー