忍者ブログ

釧路へ小旅行、グリュミオ―、"雨の歌"

2016.05.09 - ブラームス

ma



友人の一周忌法要のために、昨年に続いて釧路へ。

ma



ma

釧路ラーメン、塩チャーシュー。



ma

釧路港



ma



ma

釧路湿原。蛇行する釧路川。



ma

ピンクのお魚は、旬のトキシラズ。



ma

ルーマニアのブランディ。



ma

ルーマニアのリンゴ酒。



ma

釧路ラーメン、醤油。




グリュミオーのヴァイオリン、シェベックのピアノで、ブラームスのヴァイオリン・ソナタ1番「雨の歌」を聴く。
(1976年2月、アムステルダム・コンセルトヘボウでの録音)。


どんな楽器もそうだと思うが、特にヴァイオリンは音が綺麗でないといけない。まれに、音はちっとも美しくないのに、勢いとか情熱とか精神性とかで売れているソリストがいるが、私は遠慮する。
だから、ミルシテインやフランチェスカッティ、ダヴィット・オイストラフ、今頃ではツィンマーマンやハーンなどを好むが、グリュミオーも好きなヴァイオリニストのひとり。

この曲は、ブラームスが愛した保養地のペルチャッハで書かれた。平穏な温かみに満ちていて、そこにスプーンひと匙の憂鬱さが同居する。

グリュミオーのヴァイオリンは王道を行く弾きぶりで、香り高い。中庸なテンポでもって、この楽器のきめ細かな音色をじゅうぶんに堪能させてくれる。テクニックには一分の隙もない。
丁寧な弾きぶりから、曲に対する愛情が、手に取るように感じられる。1楽章に特有の、間の取り方も絶妙。

シェベックというピアニストを初めて聴いたが、とても堅実。過不足なく、ヴァイオリンを引き立てている。





ma
 
春。





PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 8 10
13 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー